【高校選手権】2年生MF・藤川&鍬先の奮闘に導かれ、東福岡が夏冬連覇へ駆け上がる!

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2016年01月09日

久しぶりのスタメンで気合十分だった藤川。

先制点を決めた東福岡の2年生MF藤川。今大会初スタメンに抜擢され、ゴール後はベンチの仲間とともに喜びを分かち合った。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 昨年の選手権王者・星稜と2年連続でインターハイを制した東福岡。タイトルホルダー同士がぶつかった一戦は、序盤から白熱した攻防が繰り広げられた。
 
 両チームとも前線から果敢にボールを奪い、目まぐるしく攻守が入れ替わる場面が続いたが、時間の経過とともに星稜DFのパスミスが目立ち始め、東福岡がしたたかに狙う場面が増えた。前半10分にはMF三宅海斗のインターセプトからペナルティエリア内に入り込んだFW餅山大輝が狙ったが、枠を捕らえることができず。同39分にもMF中村健人のスルーパスから餅山が再びゴールに迫ったが、シュートはGKの正面を突いた。
 
 好機を作りながらも、天を仰ぎ続けた東福岡だったが、試合半ばにふたりの2年生MFが苦しい流れを断ち切った。最初に魅せたのはMF藤川虎太朗だ。インターハイで得点王となった選手だが、9月末に右足首を痛めて戦線を離脱。今大会はコンディションが戻らず、アディショナルタイムのみの出場に終わった1回戦を皮切りに、ここまで全試合で途中出場でのプレーが続いた。
 
 ただ、準々決勝から準決勝までの中3日で、「本調子ではないけど、彼なりのパフォーマンスができた」(森重潤也監督)ことからスタメンに復帰。藤川は「久しぶりのスタメンなので絶対に点を決めて、試合に出ているどのメンバーよりも試合を楽しんでやろうと思っていた」と、意欲十分で前回王者との戦いに臨んだ。
 
 すると、45分に高い位置でボールを奪った餅山から中村、MF橋本和征とパスがつながり、左に展開。ゴール前に入ったボールを藤川が収めると「決まった瞬間はよく覚えていないけど、直感的に狙った。ワントラップ目で得点が決まったと思った」という正確なコントロールから振り抜いた左足シュートがゴール右隅に決まった。

【選手権PHOTOハイライト】埼玉/準決勝 東福岡×星稜

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ