ミラン加入に迫る鎌田大地の市場価値がダウン!遠藤航は変わらず…査定担当者の説明は?

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2023年06月23日

「過去数か月のパフォーマンスは…」

市場価値が下がった鎌田(右)に対し、遠藤(左)は前回査定額から変化なし。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 世界中の移籍情報やニュースを扱う『Transfermarkt』が22日、ブンデスリーガのプレーヤーそれぞれの市場価値を一斉に更新。今夏のレアル・マドリー移籍が決まったジュード・ベリンガム(ドルトムント)を筆頭に、ジャマル・ムシアラ(バイエルン)、フロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン)、ランダル・コロ・ミュアニ(フランクフルト)、クリストファー・ヌクンク(RBライプツィヒ→チェルシー)という25歳以下のタレントがトップ5に名を連ねた。

 日本人選手のトップはフランクフルト退団を発表済みで、ミラン加入間近と報じられている鎌田大地。これまでの3000万ユーロから10パーセントダウンの2700万ユーロとなっている。ブンデスリーガの中堅クラブからイタリアきっての名門へのステップアップが期待されながら、なぜダウンという査定となったのか。『Transfermarkt』日本語版が、ブンデスリーガ市場価値を担当するトビアス・クリューガー氏の説明を掲載している。

「過去数か月の鎌田のパフォーマンスには浮き沈みがあり、フランクフルトが後半戦よくなかったことにも影響を受けて、これまでの市場価値を保つことができなかった」

【PHOTO】2023年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
 一方で、フライブルクの5位躍進に貢献した堂安律は1500万ユーロから1800万ユーロに上昇。シュツットガルトの主将を務める遠藤航は650万ユーロと増減がなかった。遠藤の査定について、クリューガー氏はこう説明している。

「遠藤は再び、シュツットガルトのキャプテンとしてチームを牽引していることを見せた。しかし1シーズンずっと納得のいくプレーを見せられたわけではない。経験豊富で、シュツットガルトが常に頼みにできる選手ではあるが、さらにいいパフォーマンスを見せたシーズンもあった」

■ブンデスリーガ市場価値トップ10
1位 1億2000万ユーロ ベリンガム(ドルトムント)
2位 1億1000万ユーロ ムシアラ(バイエルン)
3位 8500万ユーロ ヴィルツ(レバークーゼン)
4位 8000万ユーロ コロ・ミュアニ(フランクフルト)
4位 8000万ユーロ ヌクンク(ライプツィヒ)
6位 7500万ユーロ デ・リフト(バイエルン)
6位 7500万ユーロ キミッヒ(バイエルン)
6位 7500万ユーロ グバルディオル(ライプツィヒ)
9位 7000万ユーロ デイビス(バイエルン)
10位 6500万ユーロ ザネ(バイエルン)

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
鎌田大地のベストポジションは? 闘莉王が森保Jでの起用法に持論!「弱い相手だったら、もう少し...」
三笘薫の市場価値が約48億円に急騰、“鎌田超え”で歴代日本人最高値を記録!1年で驚異の1180%アップ!トップ10の顔ぶれは?
「狂気の沙汰だ」まさかの移籍報道にミラン・ファンが激怒!「ファンやめようかな」「マルディーニ解任の途端に…」
「不快な思いをさせたペルーの人々に謝罪します」久保建英、試合後の行為を詫びる投稿。敵DFと交換したユニホームを、相手国から“軽率”の指摘
「もはや決まり」鎌田大地のミラン加入は秒読み!近くメディカルチェックと伊メディア報道

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ