• トップ
  • ニュース一覧
  • 鹿島DF関川郁万の可能性は天井知らず。「サッカーが今、楽しくて仕方がない」。ベクトルを自分に向け、モダンなCBへの道をひた走る

鹿島DF関川郁万の可能性は天井知らず。「サッカーが今、楽しくて仕方がない」。ベクトルを自分に向け、モダンなCBへの道をひた走る

カテゴリ:Jリーグ

小室功

2023年06月12日

開口一番に出てきたのは、植田への信頼

関川の勇猛果敢なプレーが決勝点への布石となった。写真:田中研治(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第17節]鹿島1-0湘南/6月11日/県立カシマサッカースタジアム

 フェアで、アグレッシブな守備が、その後の決勝ゴールをお膳立てした。

 6月11日、Jリーグの折り返しとなった第17節。立ち上がりから湘南にペースを握られていた鹿島は、40分過ぎまでシュートを1本も打てずにいた。だが、勇猛果敢なCB関川郁万のワンプレーが試合の潮目を変えた。

 湘南のエース、町野修斗にボールが入った瞬間、背後から一気に間合いを詰めた関川はノーファウルでボールを奪うと、その勢いのままにドリブルを開始。慌てて止めにきた相手選手に倒され、ゴールまで左約20メートルの地点でFKをゲットした。これがキックの名手、樋口雄太のゴラッソの布石となった。

「(出し手の体勢から)パスコースが予測できたし、相手(町野)が後ろ向きだったので、思いきって前に行きました。最悪、あそこでファウルになったとしても相手陣内。それほど危険ではないですからね。ボールが足から離れた瞬間、取れるかなと。日本代表の経験があるフォワードだからこそ、負けられないと思いながらやっていました」(関川)

 ボール奪取のシーンを振り返ってもらった時、開口一番に出てきたのは、実はディフェンスラインの真ん中でコンビを組む、経験豊富な植田直通への信頼だった。

「植田君がいてくれるので、すごく安心感があるし、自信を持って、迷わずに、前に出ていける。だからこそ、ああいう場面につながったと思います。後ろでドンと構えてくれる人の存在は、僕にとって本当にでかいです」

 高校サッカーの強豪、流通経済大付柏高(千葉)から鹿島入りしてプロ5年目。CBとして群を抜く潜在能力の高さゆえか、ふとした瞬間に集中力を切らしてしまうことが少なくなかった。そこがひとつの課題と言われてきた。

 だが、今シーズンの充実ぶりには目を見張るものがある。チームを率いる岩政大樹監督も、こう言って称賛を惜しまない。
 
「開幕当初は試合に出ていましたが、その後、なかなか絡めない時期がありました。そういう状況にあっても日々の練習に全力で取り組む姿勢が変わることなく、素晴らしかったです」

 前述した湘南戦のあとの記者会見では、次のように語っていた。

「郁万は顔の系統的には(現役時代にCBだった)僕らのあとを継ぐようなタイプですけど(笑)、プレー自体は現代サッカーが求めるセンターバックというか、遠くまでグラウンダーのボールを通せますし、前に出てボールを奪えますし、スピードもある。ゴール前での冷静さもついてきて、攻守ともにチームに貢献できるセンターバックです。将来がすごく楽しみになってきましたね」

 試合に絡めない時期があったからこそ、今の自分があると、関川は強調する。

「(監督の)大樹さんが『試合に出られない選手にとって練習が公式戦のようなものだ』と言っていましたが、その通りだと感じました。ベクトルを自分に向けて、日々の練習からアピールしていく。そういう姿勢を鹿島の先輩からも学びましたし、自分が今、できることを100パーセント出し切って成長しないといけない。その一心で取り組んでいました」

 試合に出続けることで成長が促され、さらに成長することで、チームにとって代えのきかない存在へと上り詰めていく。関川は、その好循環のなかにいる。

「サッカーが今、楽しくて仕方がない」

 言葉の端々にあふれ出る充実感は隠せない。群を抜く潜在能力の高さゆえに、まだまだ引き出されていないものがたくさんあるだろう。日本を代表するモダンなCBへの道をひた走る関川の可能性はまさに天井知らずだ。

取材・文●小室功(オフィス・プリマベーラ)

【PHOTO】鹿島の出場16選手&監督の採点・寸評。関川は決勝弾を導いた陰の功労者。最後まで走り、戦ったピトゥカの際立つタフさに脱帽

【PHOTO】樋口雄太の直接FK弾に湧いた鹿島アントラーズサポーター!

「とんでもない技術レベル」鈴木優磨の得点取り消し、元日本代表DFはファウルを認めるも「世界に通じるプレー」と大絶賛
【関連記事】
【採点寸評|鹿島】伝統芸とも言える勝ちっぷり。樋口は会心の一発を喜ぶ[J1第17節 鹿島 1-0 湘南]
「とんでもない技術レベル」鈴木優磨の得点取り消し、元日本代表DFはファウルを認めるも「世界に通じるプレー」と大絶賛
「主審を睨むなんて伝説に残る」鈴木優磨のゴールパフォが中国でも話題!「バロテッリに似ている」「セレブレーションで怒るのは名場面」
「私たちの国とは違い、とても近代的で美しい」「清潔できれい」初来日したエルサルバドル戦士たちが日本を絶賛!好ゲーム約束も
「誰が見ても抜けている」中村俊輔が絶賛した代表戦士は?「違いを見せられる日本人はなかなかいない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ