「ケインの代役となるとかなりの重荷」古橋享梧のトッテナム移籍に現実味は?

カテゴリ:海外日本人

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年06月07日

「セルティックも売り時だと考えている」

スコットランド・リーグで大活躍した古橋。このオフ、ビッグクラブへの移籍は実現するのか。写真:GettyImages

画像を見る

 公式YouTubeチャンネル『サッカーダイジェストTV』で「最新移籍マーケット情報」を配信。その中で気になったのが、スコットランド・リーグでMVPと得点王に輝いた古橋の去就である。

 6月6日にセルティックの指揮官だったポステコグルーのトッテナム監督就任が決まったこともあり、ポステコグルーが古橋を誘うのではないかとの噂も囁かれている。トッテナムのエースであるケインの移籍話が浮上している影響もあり、その代役に古橋をと、そんなニュースも報じられていた。

 果たして、古橋のトッテナム移籍に現実味はあるのか。スポーツニッポン新聞社の垣内記者の見解は以下のようなものだった。

「(古橋は)ケインの代役となるとかなり重荷なので…。しかも、報じられている(古橋の)移籍金(約26億円)が安くない。そこまで出すか、個人的には疑問」

 確かに、プレミアリーグでの実績がない古橋をいきなりエース格として迎え入れるのかは疑問符が付く。おそらくセルティックも安売りするスタンスではなく、垣内記者曰く「セルティックは20億円くらいじゃないと売らない」。

 古橋は現在28歳。年齢的に考えても20億円は高値で、セルティックからすれば獲得に向けて慎重なスタンスになる可能性はある。
 
 古橋自身はステップアップを目指しているはずで、新天地がプレミアリーグのクラブになれば、そこで主力を張れるかサブ要員なのかが判断基準のひとつになるかもしれない。

 垣内記者は「セルティックも売り時だと考えている」との見解も示しており、移籍金の問題さえクリアできれば交渉は一気に進むか。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

【動画】古橋、旗手の去就は? 吉田、柴崎のJ復帰は?
【関連記事】
「僕は殺されてしまう」39歳イニエスタ、18歳バルサMFへ“まさかの要求”に母国メディア驚き!「ガビは言葉を失った」
サイドバックに伊東純也と旗手怜央を抜擢。三笘薫と久保建英を含む“4本の槍”でサイドを制圧したい【森保ジャパンの推奨スタメン】
「真面目な選手ではない」故障離脱中のネイマール、体型の変化に批判殺到!「もう終わりかもしれない」
ベンゼマ、年俸300億円でサウジアラビア移籍が決定!「ACLを獲ろう」とバロンドーラーにファンも期待
「メンツが強い」「夜遊び系朝帰り」来日したバルサの8選手、まさかの歌舞伎町集合ショットに驚きの声!レバやデ・ヨングは渋谷にも出没「今日試合なのに大丈夫かなぁ笑」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ