【岩本輝雄のオタクも納得!】誰も語らない、広島の優勝を手繰り寄せたある男の絶大な貢献度

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2015年12月07日

広島の底知れぬ強さと、王者としての貫録。

2年ぶりにリーグタイトルを手にした広島。劇的な逆転劇でG大阪を下した第1戦は、歴史に残る見応えあるゲームでもあった。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 第1戦が終わった時点で、広島の優勝はほぼ決まっていたのかもしれない。
 
 それはもちろん、敵地での勝利で特大のアドバンテージを得たからでもあるけど、僕が強く言いたいのは、広島のその戦いぶりにある。

【JリーグCS決勝 第1戦 PHOTOハイライト】G大阪 2-3 広島
 
 第1戦は、広島は自らのミスで先制を許したように、明らかにG大阪が優勢だった。80分にドウグラスのゴールで追いついたものの、すぐさま今野に決められて突き放される。
 
 正直、これでこの試合は終わったと思った。直後にオ・ジェソクの退場で数的優位に立てたけど、残された時間は限られていたし、相手は試合巧者のG大阪でもある。ここから試合が動くとは考えにくかった。
 
 それでも広島は、同点にするだけでなく、逆転までしてしまった。2-2でも御の字なのに、あのシチュエーションで勝ち切ってしまうあたりに、広島の底知れぬ強さを、王者としての貫録や風格を感じずにはいられなかった。
 
 いずれにせよ、第1戦はエンタテインメント性に富んだ見応えのあるゲームだったよね。激しい点の取り合いで、敗戦濃厚のチームが土壇場で試合をひっくり返す。Jリーグの歴史を振り返ってみても、ベスト3に入ってもおかしくないんじゃないかな。
 
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】サンフレッチェの充実ぶりは称えるけど、Jでは“このサッカーで間に合っている”ということだ
【藤田俊哉の目】“1試合の差”を感じざるを得なかったガンバのコンディション。サンフレッチェは年間を通して力を証明した
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】広島が4年間で3度目の優勝!“地味だけど強い”常勝王者へ
【広島】メンタル的に難しかったと明かす塩谷。「負けたら積み上げてきた勝点はどうなるんだっていう想いもあった」
【広島】年間1位の原動力になったドウグラス。「まだ若いしこれからもすごく伸びる」と浅野の成長に太鼓判
【広島】主将として初めての戴冠に、「この優勝で広島はまた強くなる」。MVPに輝いた青山敏弘の野望は尽きない
【広島】CSは「正直、プレッシャーでしかなかった」と佐藤寿人。来季以降については、「いろんな側面から議論されるべき」
【広島】流れを変えたもうひとりのMVP。浅野拓磨が結果を残したこのCSは、スタメン獲りへの節目になるかもしれない

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ