「悪癖」の出たミランがカルピとスコアレスドロー。本田は出場機会なし

カテゴリ:メガクラブ

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2015年12月07日

カルピのインテンシティーを前にミランがミスを連発。

カルピ対ミラン戦の結果&フォーメーション。

画像を見る

ミランから勝点1を奪ったカルピで最も光ったのが、古巣対戦に燃えたボッリエッロ(右)だ。巧みなキープで起点を作り、何度か惜しいシュートも放った。(C)Alberto LINGRIA

画像を見る

 12月6日のセリエA15節。ミランが敵地でカルピと0-0で引き分けた。
 
 ミランは前節と同じく4-4-2システムを採用。5日前のコッパ・イタリア(クロトーネ戦)ではスタメンフル出場した本田は、セリエAで10試合連続のベンチスタートとなった。
 
 序盤にペースを握ったのはカルピ。アグレッシブなプレスからの手数をかけない攻撃が機能し、7分にコフィ―、10分にボッリエッロ、13分にロッロが惜しいシュートを放った。
 
 なかなか基点が作れず散発な攻撃に終始していたミランは、その後やや盛り返す。ただ、完全にチェルチやニアングの個人技頼みで、この二人がそれぞれ二度ずつチャンスを迎えたがモノにできず。前半はこのままスコアレスで終えた。
 
 後半もカルピがボッリエッロのポストワークを軸に効果的に攻める一方、ミランはなかなかリズムを掴めない。業を煮やしたミランのミハイロビッチ監督は68分、キレのないチェルチに代わってL・アドリアーノを投入した。
 
 しかし、75分にボナベントゥーラ、80分にニアングが狙った直接FKも枠を外れ、84分のクツカのヘディングも敵GKベレクのビッグセーブに防がれる。そのまま大きなチャンスもなく、結局はスコアレスドローでホイッスルが鳴り響いた。
 
 本田はアップこそしていたものの、ついに出場機会は訪れなかった。交代枠が2つ残っていたにもかかわらず、ミハイロビッチ監督は本田よりもピッチ上の選手を優先した格好だ。
 
 昇格組カルピが豊富な運動量を活かしたインテンシティーの高い戦いを90分間に渡って維持したとはいえ、あまりにミスが多く、攻撃面でアイデアとコンビネーションを欠いたミラン。前節のサンプドリア戦とはまるで別のチームのようだった。
 
 この「試合による波の大きさ」という悪癖を改善しない限り、目標のチャンピオンズ・リーグ出場権獲得(3位以内)は夢のまた夢だろう。
 
文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

10試合連続のベンチスタートとなった本田。過去7試合は終盤投入されたが、この日はついに出場機会が訪れなかった。(C)Alberto LINGRIA

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ