【G大阪】3戦連発の今野泰幸が後悔したミス。1点リードできたからこそ余計に“あの3点目”が要らなかった…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年12月06日

「あれがなければ、もっと余裕を持って戦えた」と改めてミスを悔やむ。

一時は2戦合計で3-3に追いつくゴールを挙げた今野。それでもアウェーゴールの数で下回り、「あの1点がなければ…」と自身のミスを悔やんだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ワールドカップに二度、オリンピックにも一度出場し、Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯の3大タイトル獲得経験も6度にのぼる――。そんな経験豊富な今野泰幸にとっても初のチャンピオンシップは「サッカーの怖さを改めて思い知らされた」大会になったという。
 
「ひとつのミスが勝敗を分け、それが結局、最後まで響いてしまった……」
 
「ひとつのミス」とは言うまでもなく、3日前のチャンピオンシップ第1戦の90+5分に自身が犯し、サンフレッチェ広島に決勝点を与える要因となったスローインミスである。
 
「もちろん、しっかり切り替えて今日を迎えました。挽回してやるという気持ちがなければ、ピッチに立つ資格はないから」ときっぱり言ったが、一方で、「あれ(自ら与えた広島の決勝点)に尽きる。あれがなければ、もっと余裕を持って戦えた」と改めて悔やんだ。第1戦で与えた“余計な1点”が、ガンバ大阪を最後まで苦しめることになった。
 
 広島が3-2で第1戦を制して迎えた第2戦。前半から主導権を握ったのは、1点のビハインドのビハインドを負うG大阪だった。
 
 米倉恒貴と阿部浩之の右サイドからのアタックに宇佐美貴史が絡み、広島を自陣に釘付けにする。長谷川健太監督も「素晴らしい戦いだった」と賞賛した前半の戦いぶり。今野も「思ったよりもプレッシャーがなかったし、やれる感じがありました」と振り返る。
 
 27分には遠藤保仁のCKを今野自身が右足で捉え、G大阪が待望の先制点を奪う。この時点で2試合合計スコアは3₋3。しかし、アウェーゴール数の多い広島が依然としてアドバンテージを握っていた。
 
 G大阪は後半に入ってパトリック、倉田秋を投入し、攻撃への圧力をかけたが、守備を固める広島にことごとく弾き返され、逆に76分に浅野に同点ゴールを許してしまう。
 
「とにかく勝ちたかったし、誰でもいいからゴールを決めてほしいと思っていた。みんながシュートを打つ時には、祈っていたんだけど……」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ