• トップ
  • ニュース一覧
  • G大阪FWジェバリの知られざるキャリアと人間性。恋人の勧めで北欧へ、突然のサウジ移籍は古巣が憤慨も「チュニジアで暮らす家族の生活は楽ではない」

G大阪FWジェバリの知られざるキャリアと人間性。恋人の勧めで北欧へ、突然のサウジ移籍は古巣が憤慨も「チュニジアで暮らす家族の生活は楽ではない」

カテゴリ:Jリーグ

鈴木肇

2023年03月27日

「家族と離れて暮らすのはとても辛かった」

G大阪に新加入したジェバリ。ここまでJ1リーグ2試合に出場している。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 今シーズンの巻き返しを図るガンバ大阪に加わったのが、チュニジア代表FWのイッサム・ジェバリだ。カタールW杯に出場した31歳は、これまでどんなキャリアを辿ってきたのか。北欧各国のメディアによるインタビューを引用しながら、日本に来るまでの歩みやプレースタイル、人物像を紹介したい。

 チュニジア北部のマジャズ・アル・バブで生まれ育ったジェバリは、12歳のときに親元を離れて同国の強豪エトワール・サヘルのアカデミーに加入する。そのときの心境について、こう振り返っている。

「家族と離れて暮らすのはとても辛かった。だけど一方で、良い試練だと思ったよ。乗り越えないといけなかった。それまでよりも大きなクラブのアカデミーに移籍できるのは幸運なことだ。お金を稼いで自分の周りの人のために良い未来を築くためには、成功しないといけなかった」(B.T.)

 エトワール・サヘルで順調に成長したジェバリは、2009年に17歳でトップチームの一員としてデビュー。以後、2013年にレンタルとしてザルジスでプレーしたことを除けば、2014年までエトワール・サヘルで過ごし、2015年にスウェーデン2部のIFKヴェルナモに移籍する。アフリカ諸国の選手が北欧のリーグに活躍の場を移すのは珍しいことではないが、ジェバリの場合はその経緯が特殊だった。
 
 ここで時計の針を少し戻す。2010年のことだ。チュニジア第3の都市スースのホテルに滞在していたジェバリは、ある女性と出会う。観光で訪れていたスウェーデン人ニーナ・ビルギッタさんだ。

 2人はほどなくして交際をスタート。当初はチュニジアとスウェーデンの遠距離恋愛だったが、ジェバリはスウェーデンのクラブでテストを受けてみてはどうかとニーナさんから提案を受ける。それが先述したIFKヴェルナモで、ニーナさんの地元ヴェルナモに拠点を置くクラブだった。練習生として参加したジェバリは見事契約を獲得し、スウェーデンへの移住を決意する。

 ヴェルナモでの1年目は26試合に出場して5得点・3アシストを記録。アタッカーとしては突出した数字ではないが、2年目の2016年シーズンは前半戦の15試合で6ゴール・2アシストをマークし、耳目を集める。スウェーデンの複数クラブが触手を伸ばすなか、同年7月にジェバリの移籍先は1部リーグのIFエルフスボリに決まった。
【関連記事】
「WBCを観ましたか?」日本対ウルグアイ戦の会場でサッカーファン50人に訊いた。驚きの結果に…
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「めちゃくちゃ上手い」代表デビューの中村敬斗が賞賛した森保ジャパン戦士は?「特別な選手じゃないですか」
「日本にはほとんど負けたことがない」中国代表レジェンドの“虚偽発言”が母国で炎上!「実情は6戦4敗だ」「大ホラ吹き」
「スウェーデンより進んでいる」浦和MFモーベルグが日本で受けた“衝撃”を母国紙に語る!「とても気に入っている」と称賛したのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ