• トップ
  • ニュース一覧
  • 【採点寸評|鹿島】逆境でも果敢にアタック。チーム一丸となって“イズム”を見せつける[J1第4節 鹿島0-0福岡]

【採点寸評|鹿島】逆境でも果敢にアタック。チーム一丸となって“イズム”を見せつける[J1第4節 鹿島0-0福岡]

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年03月13日

衰えることのない勝利への希求

【警告】鹿島=佐野(14、53分) 福岡=金森(41分)、グローリ(55分)、永石(65分)、ルキアン(80分)
【退場】鹿島=佐野(53分)

画像を見る

 3月12日にJ1リーグ第4節が各地で開催。県立カシマサッカースタジアムでは鹿島アントラーズ対アビスパ福岡が行なわれ、0-0で引き分けた。
【PHOTO】鹿島の出場16選手&監督の採点・寸評。実戦復帰の昌子は“声”でチームをけん引。前線で力を振り絞った優磨
 序盤から随所にインテンシティの高いバトルが繰り広げられ、見応えある展開に。前半はお互いにチャンスを作るものの決め切れず、スコアレスで折り返す。

 迎えた後半、53分に鹿島は佐野海舟がこの日、2枚目のイエローカードで退場となり、ひとり少ない状況に。ただ、数的不利にもかかわらず、果敢に相手ゴールに迫り、好機を演出。対する福岡は粘り強く守りながら、得点を許さない。

 結局、両者とも最後までスコアボードを動かせず。勝点1を分け合う結果となった。
 
▼鹿島のチーム採点「6」
 目下、売り出し中の若手ボランチ佐野が退場するなか、スコアレスドローで終えられたのは鹿島サイドからすれば“よし”と受け止めるべきかもしれない。

 ただ、10人になって、アディショナルタイムを含め、40分あまり。自陣に引きこもり、カウンター狙いに終始するような戦い方ではなかった。それは紛れもなく「自分たちから勝ちにいく姿勢」だった。

 アルトゥール・カイキや土居聖真、松村優太、垣田裕暉といった交代メンバーがギアを上げ、次々とゴールに迫った。後半のシュート数は鹿島が6本で、福岡のそれは1本。試合の様子が明らかに浮かび上がってくるだろう。

「勝点3を目ざしていたので、結果には満足していないが、(ひとり少ないなかで)選手たちがよく頑張ってくれた」(岩政大樹監督)

 逆境に立たされてもなお、衰えることのない勝利への希求。チーム一丸となって戦う鹿島イズムを見せつけた試合でもあった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【PHOTO】ホーム鹿島の地に、軽やかなリズムのロールと声援を響かせた鹿島アントラーズサポーター!

【厳選ショット】白熱の一戦も両チーム決め手欠き、スコアレスドロー決着|J1第4節 鹿島0-0福岡
 
【関連記事】
城彰二が鹿島をJ1“3強”の一角に見立てるワケ。鈴木優磨とともに攻撃陣のキーマンに挙げるFWは?「ポテンシャルが高い」
「佐野海舟の大冒険!」鹿島新戦力MFのド迫力ドリブル突破にファン注目!「デヨングいた」「本当に逸材」
「サッカーの文化がなかったが…」70歳となったジーコ、“最高の思い出”に挙げた日本について言及!「今では世界中からリスペクト」
「野球はガムを噛んで、立っているだけ」WBCの日韓戦惨敗で、元韓国代表DFの“侮辱発言”に再注目!「間違ってない」「事実だから反論できない」
「さすがにWBCを見始めようかな」本田圭佑も大谷翔平に大興奮? “参戦”匂わすツイートに「逆に見てなかったの」「村上にエールを」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ