• トップ
  • ニュース一覧
  • “穴埋め要員”から、まさかの正式オファーに!横浜内定の吉田真那斗のシンデレラストーリーは、偶然ではなく必然だった

“穴埋め要員”から、まさかの正式オファーに!横浜内定の吉田真那斗のシンデレラストーリーは、偶然ではなく必然だった

カテゴリ:大学

安藤隆人

2023年03月02日

わずか15分で与えたディープインパクト

来季の横浜内定を勝ち取った鹿屋体育大の吉田。写真:安藤隆人

画像を見る

 予想だにしなかったオファーだった。鹿屋体育大の右サイドバック、吉田真那斗は、今年に入って訪れたビッグチャンスを見事にモノにして、昨年のJ1王者である横浜F・マリノス入りを勝ち取った。3月2日、横浜が吉田の2024年シーズンの加入内定を発表した。

「いきなり塩川勝行監督から『マリノスのキャンプでメンバーが足りないそうだから、行ってきてくれないか』と言われたんです」

 突然の話だった。今回の開幕前に宮崎でキャンプを張っていた横浜は、右サイドバックの小池龍太が負傷した影響で、練習試合をするためのメンバーが足りなくなるという事態に陥ったのだった。

 右サイドバックができる選手を一人、試合の日だけに帯同させたい。ちょうど宮崎県の隣の鹿児島県にある鹿屋体育大サッカー部に白羽の矢が立ち、右サイドバックの不動のレギュラーであった吉田がその命を受けた。

「本当にびっくりしました。もちろん実力を評価されて呼ばれたというより、埋め合わせのために近くにいた大学生に過ぎないことは僕も理解していました。でも、こんなチャンスはないと思って、自分を出し切ろうと思って臨みました」

 この心構えが運命を引き寄せた。ヴェルスパ大分との練習試合で15分ほど出場すると、激しい球際と守備から攻撃に切り替わった時に、インナーラップ、オーバーラップを状況に応じて使い分けて、攻撃にアクセントを加えた。
 
 吉田が15分で与えたディープインパクトで、試合が終わる頃には『穴埋め要員』から『来季の戦力になるかもしれない選手』に切り替わっていた。ケヴィン・マスカット監督から「もっと見たい」と言われ、彼は4日後のツエーゲン金沢との練習試合では『視察』の意味を込められた状態で出場した。

 2試合に参加するのみという、急遽の任務を終えると、今度は強化部から「横浜まで来て練習に参加してほしい」と言われ、正真正銘の練習参加オファーをもらった。

「またも驚きです。2試合に出て、それなりに手応えはありました。でも、正直に言ってしまうと、僕が参加したところで『さすがに興味を持たれることはないだろう』とは思いました。自分なりに良い経験ができたし、次のチャンスに活かそうと思っていたら、そのまま横浜での練習参加オファー。もう正直、驚きの連続でついていけませんでした(笑)」

 そして湘南ベルマーレとの練習試合にも出場し、練習参加後に正式オファーが届いた。

「これもびっくりしましたが、迷いはありませんでした。日本一のチームでプロサッカー選手として挑戦できるなんて光栄なことですから」
 
【関連記事】
自己犠牲の精神で、仲間のために。札幌内定レフティ岡田大和の“凄み”。デンチャレでは「周りの良いところを引き出したい」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ