• トップ
  • ニュース一覧
  • 「入っとるやん、というのはある」元国際審判の家本氏が広島対札幌のノーゴール判定に見解「ヒューマンエラーだとは言い難い」

「入っとるやん、というのはある」元国際審判の家本氏が広島対札幌のノーゴール判定に見解「ヒューマンエラーだとは言い難い」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年02月22日

「ゴールラインテクノロジー導入は投資対象としてリスキー」

元国際審判員の家本氏が広島対札幌の物議のシーンに見解を示した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは2月18日、J1リーグ第1節の広島対札幌(0-0)を実施。この試合の広島の決定機シーンがDAZNの配信番組『Jリーグ ジャッジリプレイ』で取り上げられ、ゲストで出演した元国際審判員の家本政明氏が見解を述べた。

 問題となっているのは74分のシーンだ。左CKから広島の川村拓夢が放ったヘディングシュートはGK菅野孝憲が左足でセーブ。ノーゴールの判定となったが、ゴールラインカメラのリプレイではラインを割っているようにも見える。しかし、結果的に判定は覆らず試合は続行された。

 この場面について家本氏は、「ポイントはラインを越えたかどうかをこのゴールラインカメラを使ってどう判断するか。はっきりと越えたというのは、ボールとラインの間に少しでも芝生の緑が見えるかだが、このアングルで見ると、間に芝が見えるんです。なので入っとるやん、というのはある」としたうえで、次のように問題点を指摘した。
 
「ただ、経験者から言わせてもらうと、VARが見ているモニターではカメラの画素が低く、ボールをアップしても画像が荒れてしまって分からないことがある。VARが使っている機材が、我々が見ている映像のようにクリアに見えないんです。なので、VARは自信を持ってゴールであるとレフェリーに言えなかったのではないか。ヒューマンエラーではなく物理的な問題があるのを理解していただきたいかなと思います」

 またJリーグにゴールラインテクノロジーを導入するべきではないか、という議論にも発展したが、家本氏は「ゴールラインテクノロジーを導入するのには相当なコストがかかる。投資対象としては高すぎてリスキー。それをするのであれば、ほかのカメラの精度を上げるほうが合理的だという判断だと思う」との考えを示した。

 家本氏は最後にも、「見解としては入っていると思う」としたうえで、「審判を擁護するつもりは全然ないが、これはヒューマンエラーだとは言い難いというのが経験者としての感想。コストで解決できる問題」と人為的ミスではないと強調した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「入っとるやん」物議を醸した広島対札幌のノーゴール判定シーン

【布陣図】2023年シーズン J1全18クラブのポジション別最新序列

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
 
【関連記事】
「Jリーグのレベルには驚いた」元神戸ボージャンが日本サッカーをズバリ語る!ラ・リーガとの最大の差はイニエスタとビジャも挙げていた…
「頭おかしいよね」「馬鹿だなと思う」城彰二がポルトガル移籍のカズを熱弁!「60歳までやるだろうね」
Jリーガーが好きな女性タレントランキング!国民的女優がついに1位に輝く!人気爆発中の元選手権応援マネもトップ3に
【播戸竜二のJ1順位予想】王者マリノス、マスカット体制3年目の完成度はリーグ随一。新指揮官の浦和&G大阪にも期待
Jリーガー選出、対戦して衝撃を受けた選手トップ10!4位までに川崎勢が3人!4連覇イニエスタの回答は?「とにかく上手い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ