• トップ
  • ニュース一覧
  • 【開幕スタメン予想|名古屋】リーグを驚かせる準備は万端。時間をかけず攻め切る攻撃の型はより鮮明に、強力に表現されるだろう

【開幕スタメン予想|名古屋】リーグを驚かせる準備は万端。時間をかけず攻め切る攻撃の型はより鮮明に、強力に表現されるだろう

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2023年02月13日

新エースは「クロスの当て勘が抜群」と評判

名古屋の開幕戦予想スタメン。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2023年シーズンのJ1リーグが、2月17日にいよいよ幕を開ける。本稿では、18日に横浜FCのホームに乗り込む名古屋グランパスの予想スタメンをお届けする。
【布陣図】先発11人は誰だ!? J1全18クラブの開幕戦予想スタメン
――◆――◆――

[試合情報]J1リーグ第1節/横浜FC対名古屋/2月18日/14:00@ニッパツ

 沖縄での23日間の強化合宿を通じ、いろいろな組み合わせを試してきた長谷川健太監督だが、ひとまずの基本布陣には3-4-3を採用することが確実だ。昨季同様にアンカーを置く3-5-2のシステムも併用するが、現状では何より選手たちの感触が3-4―3のほうが良い。

 このシステムの肝は前線3トップの連係とスピードで、単純なロングカウンター戦術ではなく、ビルドアップからの加速感が彼らの武器。同時に昨季以上にミドルゾーンでのボール奪取がチームのテーマにもなっているため、時間をかけずに攻めきってしまうという攻撃の型もより鮮明に、強力に表現されるシーズンにはなっていくだろう。

 事実、キャンプ中に行なわれた練習試合でも、この3トップはキャスパー・ユンカーが2得点、マテウス・カストロが2得点、永井謙佑が1得点と結果を出しており、とりわけユンカーの2得点はともに高い位置での守備から得たボールを仕留めており、まさに理想的なゴールと言えた。
 
 今後は長短の速攻だけでなく、サイドを崩しての得点増も望みたいところだが、クロスに合わせるシュートも新エースは手練れである。永井や森下龍矢曰く「クロスの当て勘が抜群」というストライカーを中心に、今季は攻撃力増の課題に答えを出していく。

 3バック、中盤の構成にも様々なトライの結果として、このメンバーが選ばれる見込み。今季は丸山祐市のコンディションが良く、広島から新加入の野上結貴が藤井陽也とのポジション争いをしている状況で、その点でディフェンスラインには不安要素が少なくもある。

 ボランチと左ウイングバックの人選が選手層的にまだまだ検討の余地があるものの、万能型の和泉竜司がシャドーポジションも含めて、この3つのセクションを分厚くカバーする。加えて今季は負傷の癒えた稲垣祥が万全を期して開幕に向かっており、彼の守備力だけでなく得点力もまた昨季からのチームの上乗せとして期待される部分だ。

 試行錯誤、トライ&エラーを含めて充実したプレシーズンを送った名古屋は、開幕からリーグを驚かせる準備をしっかりと整えている。

取材・文●今井雄一朗(フリーライター)

【開幕スタメン予想|横浜FC】ハイプレス・ハイラインの攻撃サッカーに変貌! 新戦術で重要ポジションのGKは新加入の永井か

【布陣図】2023年シーズン J1全18クラブのポジション別最新序列

【PHOTO】際立つデザインがずらり! Jクラブの2023年シーズン新ユニホームギャラリー
 
【関連記事】
【開幕スタメン予想|横浜FC】ハイプレス・ハイラインの攻撃サッカーに変貌! 新戦術で重要ポジションのGKは新加入の永井か
【財前宣之のJ1順位予想】鹿島も捨てがたいが…攻撃陣の層がリーグ屈指の横浜を推す。ユンカー加入の名古屋にも注目
【番記者推奨!名古屋のブレイク候補】両利きを武器に多彩な仕掛け。肉体改造で逞しくなった甲田英將は“良い選手”から“怖い選手”に!
【橋本英郎のJ1順位予想】スタイルを継続する4チームが上位に。G大阪は新助っ人ら楽しみな陣容で巻き返す可能性も?
【松木安太郎のJ1順位予想】期待を込めてFC東京を1位予想。最後は気持ちの差がものを言いそう

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ