• トップ
  • ニュース一覧
  • 「耳を塞いでいる選手もいた」宇佐美貴史が昨季のアキレス腱断裂の瞬間を回想。復帰戦も「恐怖を拭えなかった」

「耳を塞いでいる選手もいた」宇佐美貴史が昨季のアキレス腱断裂の瞬間を回想。復帰戦も「恐怖を拭えなかった」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年02月08日

「近場にいた選手も『音聞こえた!』『早く担架!』って」

昨シーズン、アキレス腱断裂の大怪我を負った宇佐美。負傷の瞬間を振り返った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ガンバ大阪の宇佐美貴史が2月8日、那須大亮氏のYouTubeチャンネルに出演。昨シーズンの序盤に負ったアキレス腱断裂の瞬間を振り返った。

 宇佐美は昨季、「チームとしてのサッカーも良くなってきていた」と手応えを感じていたなか、3月6日のJ1第3節・川崎フロンターレ戦でアキレス腱断裂の大怪我を負った。

 10月1日に行なわれた31節・柏レイソル戦で7か月ぶりに復帰を果たしたが、「(アキレス腱を)切った瞬間の恐怖というのを拭えなかった」という。

 怪我を負った瞬間について、那須氏が「え、そのなにもう、ブチッ!って音が聞こえる感じ?」と質問すると、宇佐美は「すごいっすよマジで」と次のように回想した。
 
「周りの川崎の選手で、近場にいた選手も『音聞こえた!』『早く担架!』って言ってくれていたし、耳を塞いでいる選手もいました。足首から下が外れる感じで、自分は前進しているのに、それ以外の足首から下は全部地面に沈んで落ちて、衝撃が凄すぎて自分はあまり音とかは聞こえなかった。どこを怪我したのかが分からないくらい、アキレス腱からふくらはぎが全部痛かったです」

 その後、担架で医務室に運ばれ、ソックス脱いだところ、足首が異様な形に変形していたという。

「アキレス腱が陥没していたんです。それを見たときに先生がすぐ『あぁ切れているな』って。次の日にはもう、全身麻酔を打たれて眠っていましたね」

 苦難の昨シーズンを乗り越えた宇佐美は今季、キャプテンに就任し、かつて遠藤保仁(現磐田)が背負っていた7番を継承。昨年の悔しさを晴らす活躍はなるか、期待が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「アキレス腱が陥没していた」G大阪キャプテン宇佐美貴史がプロ初の大怪我を振り返る

【布陣図】2023年シーズン J1全18クラブのポジション別最新序列

【PHOTO】際立つデザインがずらり! Jクラブの2023年シーズン新ユニホームギャラリー
【関連記事】
【G大阪|ポジション別最新序列】“補強の目玉”チュニジア代表FWジェバリが最前線の軸。豪華なGK陣のポジション争いは必見
次の古橋や旗手は? “スコットランドのクラブがチェックすべきJリーグの5選手”を地元メディアが紹介!「昨季最大の驚き」「川崎の中盤の要」「足技に優れた守護神」と評されたのは?
「だいぶ変わった。良い意味で」ガンバのキャプテンに就任した宇佐美貴史が新指揮官のサッカーに手応え!主将選出の経緯は?
「悲しい。出番を与えられなかった」井手口陽介の福岡移籍にセルティックサポは同情!「恐怖のタックルのせいで…」
【番記者推奨!G大阪のブレイク候補】黒川圭介の成長は昨シーズンの数少ない収穫。 “偽サイドバック”が秘める無限の伸びしろ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ