【Jリーグ】最大4クラブのセカンドチームが、来季のJ3に参戦。鹿児島のJ3入会も決まる

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2015年11月17日

U-23チームは、オーバーエージ3名が認められる見込み。

来季のJ3参戦には、FC東京、G大阪、鳥栖、C大阪の4クラブが手を挙げている。(写真はJ3相模原の高原)。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 11月17日、Jリーグ理事会がJFAハウスで行なわれ、2016年からJ3に参戦するJ1・J2クラブのU-23チーム(セカンドチーム)が、最大でも4チームになることが決まった。J-22選抜が来季もJ3に参戦した場合、J3は最大18チームでのリーグ戦となる。
 
 U-23チームは原則として23歳以下で編成されるが、オーバーエージ枠が3名(他GKは1名)認められる見込み。16年度のJ2への昇格はないものの、17年以降に基準を満たすチームが手を挙げた場合は入れ替え戦も検討するという。
 
 参入チームについては「昇格を狙っている街クラブと戦うからこそ育成効果がある」との村井満チェアマンの言葉どおり、クラブビジョンや参加思想、育成哲学も含めて長期的な参戦が可能かどうかがひとつの焦点。クラブ財政や保有スタジアムも審査基準となる。
 
 ただ、詳細は次回以降の理事会で決定される予定。2014年から参戦していたJ-22選抜の来季以降の参加についても、今後のJFA理事会で諮られるという。また、出番のない選手が本気で戦える場所として、J1希望クラブによる準公式戦の育成マッチデー(仮称)も議論された。
 
 その他、琉球のJ3クラブライセンス交付と鹿児島のJ3入会が決定。あわせて来季以降のJ3のレギュレーション(ベンチ入り人数、外国籍枠など)がJ1、J2と統一されることも決まった。
 
【関連記事】
【覆面記者の移籍市場マル秘トーク】柴崎は欧州挑戦に前向き。名古屋は助っ人を大放出との噂も
【移籍マーケット最新事情】宇佐美が欧州再挑戦? 複数のドイツクラブが調査中
【移籍マーケット最新事情】〝リミット〞を迎えつつある柴崎。今冬移籍の可能性が一層高まる
【識者コラム】いよいよJ開幕――2ステージ制不要論を巻き起こす「真の王者」の誕生に期待
【カンボジア戦スタメン予想&プレビュー】 求められるのは、戦力の融合。“好条件下の実験場”で、指揮官は決断を下すはずだ
【速報】カンボジア戦スタメン発表! シンガポール戦から8人を入れ替え

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ