• トップ
  • ニュース一覧
  • 盛岡商を16年ぶりに全国での勝利に導いた“2年生エース”原田優汰が語る「理想の10番像」【選手権】

盛岡商を16年ぶりに全国での勝利に導いた“2年生エース”原田優汰が語る「理想の10番像」【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

2022年12月30日

10番を背負うことに「プレッシャーはありません」

殊勲の決勝ゴールを決めた原田は試合後、アシストした月折への感謝を口にした。写真:鈴木颯太朗

画像を見る

[高校選手権1回戦]盛岡商2-1帝京五/12月29日(木)/浦和駒場スタジアム
 
「逆転する試合が多いのは、今年のチームの良いところ。先制こそ許したが、気落ちすることなく、逆に火が付いたようなプレーを見せてくれた」
 
 盛岡商の中田洋介監督が試合をこう振り返ったとおり、鮮やかな逆転劇が印象的なゲームだった。
 
 盛岡商は帝京五と1回戦で対戦。前半をスコアレスで折り返すと、後半9分に先制点を許してしまう。しかし、失点の6分後に同点に追いつくと、勢いそのままに逆転に成功。終盤は粘り強い守備で1点のリードを守り切り、2回戦へと駒を進めた。
 
 盛岡商の選手権出場は11大会ぶり。2006年大会に優勝を果たした名門校だが、それ以降は全国の舞台での勝利はひとつもなかった。
 
 そんなチームを選手権での16年ぶりの勝利に導いたのは2年生の原田優汰だ。1-1で迎えた後半23分、右サイドからのクロスに泥臭く飛び込み、殊勲の決勝ゴールを挙げた。
 
 得点シーンを振り返って、原田は次のようにコメントした。
 
「月折(隼斗)君が右サイドで上手く収めて、良いクロスを上げてくれました。自分は合わせるだけだったので、月折君に感謝したいです」
 
 好プレーを見せたのは、ゴールの場面だけではない。ポストプレーや巧みなドリブルで攻撃を活性化させれば、労を惜しまずプレスをかけて守備にも献身する。原田も「収めて前を向く動きやファウルをもらうプレーは上手くできた」と手応えを語っている。
 
 攻守で重要な役割を担う原田は、2年生ながら背番号10を託されている。エースナンバーを背負う重圧を問われると、「プレッシャーはありません」とキッパリ。続けて、自身の目標をこう語った。
 
「自分なりの10番像を見せていければと思いますし、何よりチームの勝利が最も重要なので、そこに貢献していきたいです」
 
 原田の“理想の10番像”は「走れて、守備もできて、チームを勝たせる選手」だという。帝京五戦で見せた彼のパフォーマンスは、そんな“理想”が現実になるのではないかと思わせてくれるものだった。ハードワークとテクニック、強烈な左足ショットを備えた万能型アタッカーの躍動から目が離せない。
 
取材・文●岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)
 
【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新18代目の凛美まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
 
【関連記事】
「今までいないんじゃないですか。唯一無二」中村俊輔が絶賛した選手権の注目選手は? 「198センチあって足下も上手い」
かつて市立船橋を率いた智将が檜舞台に帰還! 初戦敗退で痛感した履正社とのふたつの“違い”【選手権】
「VARあったらって」「かわいそうだな」日章学園2年生FWの一撃はラインを割っていたのか?“幻のゴール”に様々な意見【選手権】
「小嶺監督も喜んでますねぇ」大久保嘉人が母校をはっぴ着用で応援する姿に脚光!「頑張れ国見‼︎」【選手権】
【高校サッカー勢力図】あなたの出身地は何位? 2022選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキング! 東京を抜いて1位となったのは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ