• トップ
  • ニュース一覧
  • 【日本1(1PK3)1クロアチア|採点&寸評】ベスト16の壁は高かった…それでも日本の奮戦を称えたい

【日本1(1PK3)1クロアチア|採点&寸評】ベスト16の壁は高かった…それでも日本の奮戦を称えたい

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2022年12月06日

守備陣はよく耐えたが

【警告】日本=なし クロアチア=コバチッチ(90分)、バリシッチ(116分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】リバコビッチ(クロアチア)

画像を見る

[カタール・ワールドカップ ラウンド16]日本1(1PK3)1 クロアチア/12月5日/アル・ジャヌーブ・スタジアム

【日本代表・総評】

 今大会、精度を高めている3-4-2-1でスタート。ドイツ戦やスペイン戦に比べてボールを持てる時間も増え、主体的に攻撃も展開。43分にはセットプレーから先制点を奪う良いゲーム運び方を見せた。後半立ち上がりに同点に追いつかれた後はしぶとく試合を進め、延長戦も戦い切った。

 そしてPK戦、クロアチアが3人決めたのに対し、日本は1人。やはりベスト16の壁は高かった……。それでもここまでの奮闘は称えたい。彼らの姿に勇気をもらった人は多いはずだ。よく戦った!!

【個人採点・寸評】
GK
12 権田修一 6.5

フィードは乱れがちだったが、この日も冷静にゴールを守った。55分には失点したとはいえ、62分のモドリッチのミドルをファインセーブ。ハイボールの処理も良かった。しかし、PK戦でヒーローにはなれず。
DF
3 谷口彰悟 6.5

スペイン戦に続いての先発出場。ワールドカップ2試合目とは思えない落ち着いたパフォーマンスを披露。パスの意識も高かった。

16 冨安健洋 6
立ち上がりにらしくないミスでピンチを迎えたが、それ以外は持ち直してプレー。ボールを高い位置で受けるなどの工夫も。ただ味方と呼吸が合わないことも。守備対応はさすが。

22 吉田麻也 6
相手CFと激しいバトルを繰り広げながらハイボールを跳ね返した。前半に足を痛めたシーンもあったが、気持ちで最終ラインを牽引。しかしPK戦でキックを成功させることはできなかった。
【関連記事】
「日本さえも追い出した!」クロアチア代表、快進撃の森保ジャパン撃破に母国メディアが歓喜!「英雄リバコビッチがベスト8に導く!こちらのほうが優れていた」【W杯】
「最高の娯楽を提供してくれた!」悲願のベスト8進出を果たせなかった日本代表を英メディアが称賛!「ベストチームのひとつだ」【W杯】
「きたぁ、きたぁ!」本田圭佑が三笘薫のドリブルに白熱! 「プレーやばい。ワールドカップ終わったら、ビッグクラブでしょ」
「ウソだろ…」クロアチアにPK戦の末、森保J敗れる…ファンも呆然「どうしてこうもベスト8の壁厚いんや」【W杯ラウンド16】
「ウソでしょ?」本田圭佑は前田大然の何に驚愕したのか「信じられへん!」【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ