• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ひどい判定の連続」「理解できない!」ガーナに敗れた韓国代表、母国メディアはイングランド人主審を痛烈批判!【W杯】

「ひどい判定の連続」「理解できない!」ガーナに敗れた韓国代表、母国メディアはイングランド人主審を痛烈批判!【W杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年11月29日

「少なくとも最後の攻撃機会は与えるべきだ」

テイラー主審に猛抗議をするソン・フンミン(7番)ら韓国イレブン。(C)Getty Images

画像を見る

 韓国代表は現地時間11月28日、カタール・ワールドカップのグループステージ(H組)第2節でガーナ代表と対戦。2-3で敗れた。

 前半に2点ビハインドを負った韓国は、後半にチョ・ギュソンの2ゴールで追いついたものの、68分に3失点目を奪われ、痛恨の黒星を喫した。

 最後に韓国がCKを得るも、試合を終わらせたアンソニー・テイラー主審にパウロ・バント監督が猛抗議。レッドカードを出され、決勝ト―ナメント進出を懸けた母国ポルトガルとの大一番で指揮が執れなくなってしまった。

 ガーナの先制ゴール時のハンドが認められなかったこともあり、怒りが収まらないのは韓国のメディアだ。『MK SPORTS』は「悪者テイラー。結局避けられなかったべントの退場」と題した記事を掲載。次のように報じた。

「憂慮していたアンソニー・テイラー審判のひどいレフェリングが、また悪い評判を得た。理解できない瞬間だった。アディショナルタイムの間に試合が遅れた状況があり、少なくとも最後の攻撃機会(CL)は与えるべきだ。これまでのワールドカップの試合を見ても、アディショナルタイム内に遅延した状況が生じれば、その時間だけさらに追加された」

【動画】「明らかに手に当った」韓国サイドが批判したガーナの先制ゴール!

 記事は「しかし、テイラー審判はそのまま試合終了のホイッスルを吹いた。選手たちはもちろん、ベント監督さえ理解できないと強く抗議した。問題はこの過程でテイラー審判がベント監督にレッドカードを出したことだ。ひどい判定の連続だった」と続けている。

 また『SPOTV NWES』は世界中のファンから「テイラーが世界に知られて嬉しい」「テイラーが試合よりも自分をさらに大きくした」「テイラーにもう主審をやらせるな」といった声があがっていると伝えている。

 テイラー主審は3年前のプレミアリーグで韓国のエース、ソン・フンミンを退場させた経験があり、韓国ではそのレフェリングが疑問視されていた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【関連記事】
「何を恐れているんだ?」“FIFAランク最下位”に敗れた韓国代表を中国メディアが酷評!「ファンは号泣、母国のサッカーを嘆き悲しんだ」【W杯】
「我々の努力を無駄にしてくれた!」猛抗議で一発退場となった韓国代表監督の“右腕”が英国人主審に怒り心頭!「彼だって人間なんだ」【W杯】
痛恨敗戦の韓国、伝説OBパク・チソンはガーナ先制時の判定を批判!「明らかに手に当たった」 “コリアン・メッシ”も「これがハンドでなければ、何がハンドなんだ!」【W杯】
「申し訳ない気持ちでいっぱい」「心が痛い」韓国代表の主将ソン・フンミン、ガーナ戦敗戦を謝罪【W杯】
「自惚れすぎた日本が惨事」コスタリカに敗れた森保ジャパンを韓国メディアが酷評!「当然勝つと予想されたが衝撃の敗戦」【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ