• トップ
  • ニュース一覧
  • 痛恨敗戦の韓国、伝説OBパク・チソンはガーナ先制時の判定を批判!「明らかに手に当たった」 “コリアン・メッシ”も「これがハンドでなければ、何がハンドなんだ!」【W杯】

痛恨敗戦の韓国、伝説OBパク・チソンはガーナ先制時の判定を批判!「明らかに手に当たった」 “コリアン・メッシ”も「これがハンドでなければ、何がハンドなんだ!」【W杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年11月29日

「審判がその場面を直接見たら、違う判定を下した可能性もある」

サリス(右)のゴールに、韓国側はアユーのハンドを主張したが…。(C)Getty Images

画像を見る

 11月28日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(H組)第2戦で、韓国代表がガーナ代表と対戦。前半で奪われた2点のビハインドを一度は追い付いたものの、68分に勝ち越しを許して2-3で敗れた。

 物議を醸しているのが、FKの流れから生まれたガーナの先制点だ。競り合ったこぼれ球がガーナのFWアンドレ・アユーの手に触れた後、モハメド・サリスがネットを揺らした。だが、VAR検証でも判定は変わらなかった。

【動画】「明らかに手に当った」韓国サイドが批判したガーナの先制ゴール!

『スポーツ朝鮮』によれば、前回大会に出場し、今大会は韓国のテレビ局『SBS』で解説を務めている“コリアン・メッシ”ことイ・スンウは、「これがハンドでなければ、何がハンドなんだ?」と怒り。同じく同局で解説をしている韓国代表のレジェンド、パク・チソン氏も「明らかに手に当たっている。審判がその場面を直接見たら、違う判定を下した可能性もある」との見解を示している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【関連記事】
「申し訳ない気持ちでいっぱい」「心が痛い」韓国代表の主将ソン・フンミン、ガーナ戦敗戦を謝罪【W杯】
試合後にまさかの一発レッド! 韓国のベント監督、猛抗議で退場処分。試合はガーナに2-3惜敗【W杯】
「見る影もなかった」韓国メディアが名指しで酷評した森保ジャパン戦士は?「不振のせいで日本は衝撃的な結果となった」【W杯】
「自惚れすぎた日本が惨事」コスタリカに敗れた森保ジャパンを韓国メディアが酷評!「当然勝つと予想されたが衝撃の敗戦」【W杯】
「日本を倒してくれ!」浅野への行為が“挑発”と物議の独代表リュディガー、同僚のスペイン代表DFに森保ジャパン撃破を懇願!他のドイツ選手も…【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ