• トップ
  • ニュース一覧
  • 「後味の悪さを残した」躍動した三笘薫にまさかの批判。英メディアが“レッド要求”に苦言「ダイブと同じぐらい受け入れられない」

「後味の悪さを残した」躍動した三笘薫にまさかの批判。英メディアが“レッド要求”に苦言「ダイブと同じぐらい受け入れられない」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年11月08日

「若さや経験不足のせいかもしれない」と指摘

後ろから倒され、セメド(奥)の退場を誘発した三笘。この時の振る舞いが批判されている。(C)Getty Images

画像を見る

 大暴れした三笘薫のジェスチャーが一部で受け入れられていないようだ。

 周知の通り、11月5日に開催されたプレミアリーグ第15節のウォルバーハンプトン戦で、ブライトンの三笘は躍動。ヘッドでプレミア初ゴールを挙げれば、絶妙のアウトサイドパスと得意のドリブル突破で2点を演出し、3―2の勝利の原動力となった。

 その日本代表アタッカーにまさかの批判の声があがっている。問題となっているのは、前半アディショナルタイムのシーンだ。ロングボールに反応した22番は見事なトラップで抜け出し、ペナルティエリア手前で後ろからファウルで止めたネウソン・セメドを一発退場に追い込んだ。その際、倒された三笘がした「カードを出せ」というジェスチャーが良くなかったというのだ。

 ブライトンの地元メディア『Sussex Express』は、「ミトマはウルブス戦で電撃的だったが、“レッドカードを振る”のはブライトンでは受け入れられない」と題した記事を掲載。サムライ戦士のパフォーマンスを称えたうえで、こう綴った。

「ハーフタイム直前にポルトガル人DFネウソン・セメドと競り合った結果、彼はフィールドに倒された。明らかにファウルだったが、次に起こったことは、私を含め、多くのアルビオンファンに後味の悪さを残した。主審のグラハム・スコットはすでにファウルを宣告していたが、ミトマは架空のレッドカードを振る仕草をしたのだ」

【動画】「完璧なヘディング」「ディフェンス吹っ飛ばしてる」と反響!打点の高いヘッドで決めた三笘薫のプレミア初ゴール
 同メディアは「露骨なゲームズマンシップで、この種の行動は、“ダイブ”や怪我を装うのと同じくらい、現代の試合では受け入れられない。ミトマの振る舞いに関係なく、スコット主審がセメドを退場にさせたのは間違いない」と続け、そういった文化を知らなかったのではないかと指摘している。

「彼は新しい国に来た若者であり、すべてのボーダーラインを完全には分かってないのは明らかだ。一度やったのは若さや経験不足のせいかもしれない。もし彼がもう一度やるとしたら、より広いプレミアファン層の間で望ましくない評判を得るかもしれない。クラブの年長の選手であれ、経営陣のメンバーであれ、誰かが彼に手を差し伸べると確信している。それはすでに起こっているかもしれない」

 ブライトンは次戦、11月9日に開催されるカラバオカップ3回戦で冨安健洋が所属するアーセナルと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】見事なワンタッチでポルトガル代表DFのファウル誘発→英メディアが批判した三笘薫のジェスチャー
【関連記事】
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「紛れもない脅威だ」三笘薫、鮮烈初ゴールなど全得点関与&レッド誘発に驚愕の“10点満点”評価! 地元メディア大絶賛「全得点で重要な役割」
「とてもよく似ている」大暴れの三笘薫とソン・フンミンをトッテナムの伝説OBが比較!「ミトマはトッププレーヤーの全ての要素を持つ」
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通。でも…」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出
プレミア初ゴールの三笘薫が英語で喜びを語る!語学力の高さに国内外から注目「ここまで話せるとは!」「とてもスマート」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ