岩政監督の続投に違和感なし。“作る前に壊す”挑戦者の心。勝利を求め、過程を突き詰め、新しい鹿島の勝ち方を築く

カテゴリ:Jリーグ

内田知宏

2022年10月08日

続投の動きが表面化することは極めて珍しいこと

鹿島は岩政監督を続投させる方針を固めた模様。“作る前に、壊すことができる”手腕に期待したい。写真:徳原隆元

画像を見る

 鹿島は岩政大樹監督を来季も続投させる方針を固め、両者間で調整に入った。

 8月、レネ・ヴァイラー前監督の契約解除を受け、コーチから昇格する形で就任。以降、公式戦10試合を指揮し、2勝5分3敗(10月8日現在)。引き継いだ時点では、リーグ戦は来季のアジア・チャンピオンズリーグの出場権獲得となる3位以内、天皇杯のタイトルも視野に入っていたが、5位に下降し、天皇杯も準決勝でJ2甲府に不覚を取った。

 結果を残せていないのは明らか。それでも、鹿島のフロントは続投させることに迷いはない印象を受ける。

 まずリーグ戦が残っている段階で、強化に関わる人物が公にシーズンを振り返ることも、来季の編成について言及することはない。人事は水面下の動きとなるが、「クラブ史に残る大失態」(岩政監督)という甲府戦からわずか数日後、続投の動きが表面化することは極めて珍しいことだ。

 リーグや天皇杯の結果を重視した判断ではなく、岩政監督がこの2か月で示したサッカーの内容、練習の組み立てなど、過程に重きを置いた判断だったことを示している。そして、この判断にまったく違和感はない。

 まずクラブのビジョンに合致している。「チームのリフォームではなく、建て替えを目ざす」とは、前フットボールダイレクターの鈴木満氏の言葉。岩政監督は作る前に、壊すことができる。「常勝の看板を下していいと選手たちに言った」と口にし、チームを一から作っていく挑戦者の心を持たせた。
 
 看板を引き継ぐことを意識し、結果を残すための方策も看板を参考にした。一体感、練習の強度、緊張感、最後まで戦うこと。鹿島が大事にしていることは今も昔も同じだが、他クラブも追いついてきた。

 鹿島だけの武器は、今や多くのクラブが携えている時代。上回っていくためには「監督の策」や「選手の質」が求められる。監督はこうした発言でクラブの、選手の見るべきものを変えたように感じる。

 そして岩政監督は、これまで結果を求めるあまり、クラブとして放置してきたものがある、という趣旨の発言もしている。

 一つがビルドアップであり、立ち位置である。それらは個人判断にゆだねられ、チームとしての学びにはならなかった。ザーゴ元監督らが取り組んだこともあったが、結果がついてこないと看板を振り返り、変革は進まなかった。
 
【関連記事】
下位チームが大健闘し、混戦のJ1残留争い。福岡、G大阪が浮上した一方、降格圏に沈んだのは?
【J1採点&寸評】横浜0-2G大阪|圧巻プレーの“帰ってきたエース”をMOMに! マリノスは右サイドの連係が光ったが…
「常勝の看板は下ろして良い」川崎に敗戦も、岩政監督が示した“新しい鹿島”
「パパの首元をキュッと握ってる」鹿島・樋口雄太の“親子2ショット”が話題!「そっくりすぎる」
「今まで最も争奪戦が激しかった選手は?」内田篤人の問いに鹿島の名スカウトは何と答えた?「いまでもFWでは一番」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ