「大人と少年の闘いだった」日本戦完敗のアメリカ代表に米記者陣から怒号続出!「日本の組織力は圧巻」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年09月24日

「中盤できわめてコンパクトなブロックを常にキープしていた」

途中出場で躍動した三笘。終了間際に豪快なゴラッソを決めてみせた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地9月23日、日本代表はドイツ・デュッセルドルフでアメリカ代表との親善試合に臨み、2-0の勝利を収めた。24分に鎌田大地が、88分には三笘薫がゴールを挙げ、90分間を通して攻守に圧倒。アメリカを枠内シュートゼロに封じ込む快勝劇だった。
【PHOTO】鎌田&三笘がゴール! 日本vsアメリカ戦の激闘を厳選フォトでお届け!

 一方で、選手個々の出来でも戦術面でも良い所のなかったアメリカ・サイドは、やはり穏やかではない。現地取材した大手メディアの記者たちはこぞって、ツイッター上で辛辣な批評を繰り広げた。

 米ネットワーク『FOX Sports』のダグ・マッキンタイア記者は「極度に酷かった。お粗末にもほどがある」と吐き捨て、「アメリカ人たちは日本に完全に圧倒され、敵ゴール内に1本もシュートを撃てなかったのだ。もしカタールでもこんな体たらくなら、8年ぶりのワールドカップの旅はきわめて短いものに終わるだろう」と言い切った。

 大手TV局『CBS』のポッドキャストでMCを務めるジミー・コンラッド記者は呆れモード。「もうこれしか言葉が浮かばない。大人と少年の闘いだった、とね。前半を終えてどうしようもない内容だったが、ワールドカップを見据えれば、そこからの修正が問われたという点で見所はあった。だがチームは重要なハーフタイムを経ても……」と歯切れが悪い。
 

 スポーツメディア『The Athletic』のサム・ステイスカル記者も手厳しい。「アメリカはどうプレーすれば良いのかをまるで分かっていなかった。テンポは遅く、動きはデタラメで、何度もスリップし、インテンシティーの欠片も感じられない。考え得るなかで最低の出来であり、山積みの課題に対してポジティブな答えは何ひとつ見つからなかった。評価できるのはキーパーのターナーの奮闘だけである」と断じた。

 そしてステイスカル記者は、対戦相手の日本代表を「組織力が圧巻だった」と絶賛。「彼らの攻撃は素早く、局面での判断が的確だった。守っては中盤できわめてコンパクトなブロックを常にキープしており、この点がとりわけ見事だっただろう。プレスの位置はかならずしも高かったわけではない」と、日本の戦いぶりを褒め称えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】日本がアメリカを2-0で撃破! 鎌田と三笘の鮮烈ゴールをチェック!

【画像】ブラジル、フランス、イングランドも刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!
【関連記事】
「鍛え抜かれた精鋭部隊だ」アメリカ代表に完勝の森保ジャパンを米全国紙が絶賛!「恐怖のプレスに粉砕された」
「世界的に見ても、使わないともったいないクオリティ」。冨安健洋が絶賛した日本代表戦士は?
【日本2-0アメリカ|採点&寸評】鎌田、三笘ら役者がそれぞれ存在感。中でも中盤で輝きを放ったのは…
「日本は強すぎる!」FIFAランク14位のアメリカを撃破した森保Jに中国メディアは衝撃!「世界一流のレベルに近づいている」
「精巧な仕掛けからの一撃」日本代表のアメリカ戦完勝劇に韓国メディアも興味津々!「厄介な相手を圧倒した」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ