「世界的に見ても、使わないともったいないクオリティ」。冨安健洋が絶賛した日本代表戦士は?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年09月24日

「シント(=トロイデン)でも一緒にやってきましたので」

アメリカ戦に先発した冨安。2-0の勝利に貢献した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 元シント=トロイデンコンビが、日本の攻撃を活性化させた。

 2-0で勝利したアメリカ戦、日本は4-2-3-1のシステムを採用。トップ下に入ったのは鎌田大地だった。

 CBの冨安健洋は、最終ラインから縦パスを供給し、トップ下の鎌田をよく生かしていた。18-19シーズンにはシント=トロイデンでもチームメイトだっただけに、やはり息が合うという。

「大地くんはスペースを見つけてボールを受けるのが得意ですし、『常に見て』とも言われています。シント(=トロイデン)でも一緒にやってきましたので」
 
 トップ下で縦パスを引き出し、攻撃を巧みにコントロールした鎌田は躍動。24分には守田英正のアシストからゴールも決めた。

 そんな鎌田を冨安は次のように絶賛した。

「世界的に見ても、大地くんのクオリティは使わないともったいない。なので大地くんが、ボールを触れる回数をどれだけ増やせるかというのは、今後も日本代表にとって大事な部分だと思います」

 プレミアリーグのアーセナルで主力の冨安が「世界的に見て」という言葉には説得力があるはずだ。それだけ鎌田には「使わないともったいないクオリティ」があり、チームメイトとしても貴重なトップ下なのだろう。

 9月27日にはエクアドル代表と対戦する。冨安が鎌田とどんなコンビネーションを見せるのか期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】ブラジル、フランス、イングランドも刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
【関連記事】
【日本2-0アメリカ|採点&寸評】鎌田、三笘ら役者がそれぞれ存在感。中でも中盤で輝きを放ったのは…
「大人と少年の闘いだった」日本戦完敗のアメリカ代表に米記者陣から怒号続出!「日本の組織力は圧巻」
「日本は強すぎる!」FIFAランク14位のアメリカを撃破した森保Jに中国メディアは衝撃!「世界一流のレベルに近づいている」
【セルジオ越後】アメリカはW杯を想定するには期待外れの相手。安心するくらいなら忘れてしまうほうがいい
「鍛え抜かれた精鋭部隊だ」アメリカ代表に完勝の森保ジャパンを米全国紙が絶賛!「恐怖のプレスに粉砕された」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ