「直接侮辱された」マンUアタッカーが元指揮官のモウリーニョ&スールシャールを痛烈批判!「背信行為、大嫌い」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年09月13日

「僕はチーム得点王だったのに」

マルシアルが批判したのがモウリーニョ(手前)とスールシャール(奥)だ。(C) Getty Images

画像を見る

 今季、マンチェスター・ユナイテッドに復帰したアントニー・マルシアルは、2人の元監督に不満があったという。ジョゼ・モウリーニョ、オレ・グンナー・スールシャールの両指揮官のマネジメントを批判したのだ。

 米スポーツチャンネル『ESPN』がフランスでの報道を伝えたところによると、マルシアルは「ユニホームの背番号から始まったんだ」と、モウリーニョを非難した。

「バカンス中にメッセージがあり、レジェンドであるライアン・ギグスの番号だから11番に変更しないかと尋ねられた。それでギグスには最大の敬意を払っているけど、自分の9番を続けたいと答えたんだ。でもクラブに戻ったら、背番号は11になっていた」

 さらに、「直接侮辱された。レアル・マドリー時代にカリム・ベンゼマに対してやったみたいに、メディアでちょっとしたフレーズを使って僕のことを話したんだ」と続けている。

「(2017-18シーズンの)前半戦で僕はチーム得点王だったのに、彼がアレクシス・サンチェスを獲得し、僕はあまり出られなくなった。ワールドカップのシーズンでもあったから、大きな代償となったよ。特にフランスが優勝したしね。僕もあそこにいるはずだったんだ」

【関連動画】久保建英がユナイテッドのスウェーデン代表DFを翻弄したシーン

 一方で、スールシャールについては「この2シーズンは定期的にケガを抱えてのプレーだった」と述べている。

「みんなは知らないけど、コロナのシーズン後、4か月にわたって僕は加速ができなかったんだ。スールシャールからは僕が必要だと言われた。それでプレーしていたんだ。僕のプレーでは加速ができないと非常に難しくなる。そして批判された。でも、監督はメディアに言わず、僕はかなりの期間でケガをすることになり、戻ってきたら終わり。もう僕がプレーすることはなかった」

 フランス代表アタッカーは「不当だと思った」と怒りを露にした。

「チームのために犠牲を求められ、なのに背後できられる。僕にとって背信行為のようなものだ。大嫌いなんだよ。非難されることはあっても、僕は決して偽物じゃない」

 今季も負傷で思うように出場できていないマルシアルは、復活を遂げられるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!

【PHOTO】世界有数のスーパーカーがずらり! C・ロナウドの「愛車コレクション」を一挙公開!

【関連記事】
マンU相手に躍動した久保建英は、古巣戦でなぜ輝きを失ったのか。驚きのタッチ数20回、パス8本、パス成功率はチーム最低の…
「無謀なキック」元マンUのアルゼンチン代表DF、宿敵戦で衝撃の“顔面跳び蹴り”に批判殺到!「格闘技のように蹴り飛ばした」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「みんな引きつけられてる笑」マンU翻弄の久保建英、PK奪取をもたらすシルバへの“裏をかいたパス”に賞賛の声!「上手すぎる」
「セクシー過ぎ」長野L・三谷沙也加、“青ビキニ&ピンクパーカー”ショットに反響!「アイドルの写真集かと思いました」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ