【J1展望】2ndステージ・13節|松本-清水|残留争いの大一番。崖っぷちの清水に対し、松本は手堅く勝利を目指す

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月02日

松本――出場停止明けのオビナの存在はプラス材料。

故障者/松本=棗、エリック 清水=ヤコヴィッチ、三浦、村田 
出場停止/松本=安藤 清水=M・デューク

画像を見る

J1リーグ2ndステージ・13
松本山雅FC‐清水エスパルス
10月3日(土)/15:00/松本平広域公園総合球技場
 
松本山雅FC
2ndステージ成績(12節終了時):16位 勝点9 2勝3分7敗 10得点・22失点
年間成績(29試合終了時):16位 勝点24 6勝6分17敗 27得点・48失点
 
【最新チーム事情】
●オビナが出場停止明けで万全の状態。
●左ウイングバックの安藤が出場停止。代役は岩沼が有力か?
●最下位の清水を迎える一戦。残留争いの大一番でチームの士気は高い。
 
【担当記者の視点】
 10節から3連続ドローと粘り強く戦ってきたが、前節・FC東京戦では0-1で力負け。第2ステージでは4節・甲府戦(○1-0)以来、いまだ白星から遠ざかっている。
 
 なかなか上昇曲線を描けずにいるが、ただそこまで悲観すべきでもない。先月加入したキム・ボギョンは試合を重ねるごとにフィットしてきて、攻撃面にポジティブな影響をもたらしている。今節は安藤の欠場(出場停止)は痛いが、代役筆頭は攻守のバランスに優れる岩沼で、戦力ダウンは最小限に抑えられるはずだ。
 
 最下位に沈む清水が相手だが、鄭やP・ウタカ、大前など攻撃陣にはタレントを揃え、前線の迫力は決して侮ることはできない。いつもどおり、まずはリスクマネジメントを徹底した手堅いサッカーでゴールを割らせず、ワンチャンスをモノにする――。
 
 出場停止明けのオビナのコンディションが良好なのも大きなプラス材料。割り切った戦い方でゲームを優位に進めながら、最終盤に向けて勢いがつくような勝利を掴みたい。
【関連記事】
【J1採点&寸評】FC東京×松本|焦らず、崩れず、見事にシャットアウト。FC東京が前田のゴールを守り切って松本を退ける
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】松本編|ひとつの目安は、残り5試合で「4勝」――困難なミッションをクリアできるか
【J1採点&寸評】清水×広島|試合巧者の広島が清水を一蹴。浅野が2得点の活躍で佐藤から主役を奪う
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】清水編|状況は果てしなく厳しく、絶望的とすら言える。
【清水】現実味を増すクラブ史上初の悲劇。静岡の希望の灯は消えてしまうのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ