「カマダに頼っている」2戦連発のフランクフルト鎌田大地を現地メディアが激賞&懇願!「9月1日以降も残ってほしい」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年08月23日

鎌田はリーグ2戦連発

途中出場でチーム唯一のゴールを挙げた鎌田。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月21日に行なわれたブンデスリーガ第3節のフランクフルト対ケルンは、1-1のドローに終わった。ホームチームのスコアラーは、69分から途中出場した日本代表MF鎌田大地だ。

 先週は体調不良のためにチームトレーニングを欠席していた日本人MFだが、ケルン戦ではベンチ入り。スコアレスの状態でピッチに送り出された直後から攻撃にアクセントをもたらすなか、自ら獲得したFKを沈め、チームに先制点をもたらした。

 その後、追いつかれて試合は引き分けに終わったが、鎌田は前節ヘルタ・ベルリン戦に続く2試合連発ゴールの活躍ぶり。出場時間が短かったため、現地メディア『kicker』、『BILD』ともに採点は無しだったが、現地紙『Frankfurter rundschau』、現地専門メディア『SGE4EVER』はマン・オブ・ザ・マッチに選出するなど高い評価を付けた。
【動画】途中出場から見事な直接FKを叩き込む! 鎌田大地のブンデス今季2点目をチェック
『Frankfurter rundschau』は「体調不良のために、ベンチに長くとどまることになったのは残念だった。しかし交代選手として出場した後、すぐにチームの中心選手となった。ファウルでFKを獲得し、自らボールをセットし、そのままゴールに叩き込んだ。彼はそういう選手なのだ。この試合だけではなく、今シーズンここまでで、間違いなくフランクフルトで最高の選手である」と賛辞を送っている。
 
 また、『SGE4EVER』は採点で「2」をつけた(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)。そして称賛とともに、残留への願いも綴っている。

「鎌田は波に乗っている。アイントラハトは現在、鎌田大地のゴールセンスに頼り切っている。風邪ぎみの日本人選手はベンチスタートにもかかわらず、チームの重要な役割を果たした。FKの驚くべきゴールでチームにリードをもたらしたのだ。彼は間違いなく、良くも悪くも違いを生み出せる選手だ。フィリップ・コスティッチが去った後、このクオリティを持つ選手はチーム内に見当たらない。だからこそ、この26歳が好調で、9月1日以降もここに残ってくれることを祈るばかりだ」

 次節は敵地でブレーメンと対戦する。リーグ戦ではここまで2分1敗と未勝利のフランクフルトだが、攻撃の柱でもある鎌田の存在が、チームの命運を握っていると言っても過言ではなさそうだ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「夢のようなゴールだ」鎌田大地が直接FKで2戦連発! 現地解説者&サポーターから絶賛の嵐「この男が試合を変えた」
「狂気の沙汰だ!」中国超級リーグで起きた“主審への報復タックル”に非難殺到!「永久追放でもおかしくない」
「出て行けよ!」リバプール同僚も激怒!マンU先制時のファン・ダイクの対応に辛辣批判「恐ろしい守備だ」「凍りついた」
開幕3戦未勝利のリバプール、指揮官クロップがチーム状況に言及「バカげているように聞こえるかもしれないが…」
「練習後のタケフィーバー」大人気の久保建英、サイン攻めに遭う姿に脚光!「散髪してスッキリ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ