永井がピッチ外からの侵入で得点関与。名古屋の先制点は認められるべきか、元国際審判員の見解は?「自然な流れで入ってきたように見えた」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年08月12日

「今後意図して行なわれるようになるなら認められない」

永井がアシストしたシーンをDAZNの『Jリーグ ジャッジリプレイ』が取り上げ、議論を交わした。写真:徳原隆元

画像を見る

 Jリーグは8月6日、J1第24節の名古屋対浦和(3-0)を実施。この試合の名古屋の先制点が、DAZNの配信番組『Jリーグ ジャッジリプレイ』で取り上げられ、ゲストで出演した元国際審判員の深野悦子氏、元日本代表の羽生直剛氏、タレントでJリーグウォッチャーの平畠啓史さんが議論を交わした。

 問題のシーンは27分だ。マテウス・カストロが右サイドの敵陣深くから左足で中央にボールを供給。これを受けた永井謙佑がゴール前にラストパスを送ると、走り込んだ重廣卓也が右足で合わせてゴールに流し込み、先制点を挙げた。

 しかし、この場面をよく見ると、アシストの永井はピッチ外から中に入ってきてボールを受けており、それによってフリーで受けられたようにも見える。実際、得点が認められた事象だが、判定は正しかったのか。
 
 平畠さんは、「CKでゴール裏から回ってピッチの中に入っていくのはダメ。それを考えたら、ダメなのかなと。あれがもしアリなのであれば、何回も使えてしまう」と指摘した。

 また羽生氏は、「マテウス選手があそこまでボールを運べたので、ある意味ラッキーみたいな考えは働いちゃうかも」と選手の心理を予想したうえで、「ただこれが、当たり前のように出入りできるようになってしまうと、サッカーではなくなるというか、そういう感覚もある」と考えを示した。

 競技規則上では、「意図的に競技のフィールドから離れた競技者が主審の承認なしに復帰し、オフサイドで罰せられず利益を得た場合、警告されなければならない」とある。深野氏は、「競技規則上、このシーンをみる限りはOK。得点を認められると私は思っています」と語り、重要なポイントとして、永井が意図的にピッチを出入りしたのかを挙げた。

「競技規則には、選手が意図してフィールドから出て、わざと戻るようなプレーはだめだと書いてあります。また主審の許可なく戻ってきたという罰則もありますが、(このシーンでは永井選手は)すごく自然な流れで違和感なく入ってきたように見えたので、得点は認められるべきというのが私の判断です」

 また続けて、「永井選手が意図的にピッチに戻ってきているという判断の人がゼロだとは思わない」としつつ、「もしこれが今後意図して行なわれるようになるようであれば、それは認められないという方向になるなと思っています」と見解を述べた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】ピッチ外からの侵入直後にアシスト。問題に上がった名古屋の先制シーン

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 
【関連記事】
「今度はヨーロッパだと思ったけど」内田篤人が古巣・鹿島の監督交代に見解!「カシマはブラジルで来たのもあるし…」
「美男美女夫婦」柿谷曜一朗のタレント妻・丸高愛実さんがウェディング2ショットを公開!「お似合いすぎ」
【セルジオ越後】欧州新シーズンは南野や三笘ら“攻撃的な選手”に注目。強豪国の代表選手に通用しないとW杯でも勝てないよ
「キレイ、セクシー」長野L三谷沙也加の海水浴後の“白キャミワンピ”姿が反響!「モデルさんみたい」
「俺、好きなんだよね」内田篤人がポルトガル移籍の日本人FWに注目!「鹿島の時、獲ろうよって何回も言っていた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 今年も決定版が完成!
    2月15日発売
    2023年シーズン
    Jリーグ選手名鑑
    全60クラブを完全収録
    ハンディ版も好評発売中!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ再始動!
    3月23日発売
    欧州組集結でどう変わる!?
    新生日本代表
    ニューガイドブック
    Jクラブ戦術“魅力度”ランクも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 2026年W杯へリスタート!
    3月16日発売
    3年後への新たな戦い
    FIFAランク
    上位100か国
    最新スカウティングレポート
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ