南野拓実は完全沈黙…CL予選敗退もモナコ指揮官は超ポジティブ「両レグともPSVより優れていた」「真の勝者は自分たち」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年08月10日

ボールロストは16回、シュートは屈辱の0本

南野に指示を送るクレマン監督。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月9日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)予選3回戦・第2レグで、南野拓実が所属するモナコが、PSVと敵地で対戦。2-1で迎えた土壇場の89分に追いつかれ、2戦合計3-3(第1レグ1-1)で延長戦までもつれ込むと、109分にルーク・デヨングに痛恨の被弾。これが決勝点となり、モナコのCL予選敗退が決まった。
【動画】劇的展開!南野拓実が先発出場したPSV戦のハイライト

 南野は4-4-2の右サイドハーフで、第1レグに続いて先発するも、全く見せ場を作れず、68分に途中交代。『Sofa Score』によれば、ボールロストは16回を数えた一方、シュートは屈辱の0本だった。

 総額約25億円でリバプールから獲得した期待の新戦力も不発に終わり、手痛い敗戦となったが、指揮官はあくまで前向きだ。クラブ公式サイトによれば、フィリップ・クレマン監督は、「悔しいという言葉が正しいが、そういうものだ。選手たちにはこれ以上望むものはない!彼らをとても誇りに思う」と称えている。
 
「細かいところで相手に得点するチャンスを与えてしまったが、それでも良い部分を見られた。このチームは月を追うごとに成長している。今日はボールの扱い方だけでなく、守備面も非常に良かった。我々は両レグともPSVより優れていたよ。最後に運がなかった。

 今、私はこのチームが真の勝者だと信じている!試合に勝てばそのメンタリティを持つのは簡単だ。より大きな勝者とは、失望から立ち直るメンタリティを持った選手たちだ。それをさらなるモチベーションとして、前に進んでいかなければならない」

 モナコは今後、欧州カップ戦の第2層に位置するヨーロッパリーグへ回る。昨季途中から指揮を執る48歳のベルギー人指揮官は、「この大会でも素晴らしい試合が見られるだろう!ヨーロッパリーグには良いチームがたくさんある」と展望を示している。

「とても野心的な選手たちを(国内でのリーグ戦とカップ戦を合わせ)3大会全てで見たいものだ。ヨーロッパだけでなくね。1試合1試合、非常に熱心に取り組まなければならない。選手たちはこの数か月間、そうしてくれた。今はこの敗戦の後、それを再び見たい」

 14日には国内リーグ戦の第2戦でレンヌとホームで対戦する。クレマン監督は「土曜日に出場する選手は、練習を見て選ぶつもりだ。すでにこのゲームへの情熱を持っている選手がいい」と語るなか、日本代表の10番は汚名返上のチャンスを掴めるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】PSVの厳しいマークに遭う南野拓実
 
【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「ミナミノには失望した」CL予選敗退のモナコ、先発した南野拓実に辛辣批判「日本語だと幽霊か?」
「悪夢のような結末」南野先発のモナコ、CL予選敗退に仏メディアは落胆!「完全にクレイジー」
「完璧なシュート」久保建英、胸トラップ→GKとの勝負を制した冷静なフィニッシュに脚光!「ニアに入れるかと思いきや…」
「日本に追いつくなど夢のまた夢」U-15大会の八百長疑惑で揺れる中国、現地メディアは嘆き!「我々のサッカーに未来はあるのか?」
「日本人の“焦り”の犠牲者だ」レネ・ヴァイラーの鹿島退任に母国メディアがばっさり。本人も心境語る「違う結末が良かった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ