レスターまたも追いつき、開幕6戦無敗をキープ! 岡崎は活躍のライバルの影に隠れ……――ストーク 2-2 レスター

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年09月20日

失点のリスクを恐れて慎重になりすぎ、2点を失った前半。

チームが劣勢に立たされるなか、数少ないチャンスを迎えるも、決めきることができなかった岡崎。 (C) Getty Images

画像を見る

 前節、2点のビハインドを覆し、アストン・ビラから逆転勝利を手にしたレスター。今節は、ストークの本拠地に乗り込んだ。
 
 レスターのスタメンは、オルブライトンに代わってカンテが左サイドに入った以外は前節と同じ陣容。岡崎は4-4-2の最前線で2トップの右に入った。
 
 一方、今シーズン、いまだ勝利がないストークは、ボージャンが今シーズン初先発。シャキリ、アルナウトビッチとともに4-2-3-1の2列目に入った。
 
 試合は立ち上がりから動く。13分、左サイドから中央に切れ込んだアルナウトビッチが、レスターのCBコンビの背後にノールックでスルーパスを通す。そのボールをペナルティーエリアに走り込んだボージャンが流し込み、ストークが先制した。
 
 さらに、その失点から7分後、動揺したアウェーチームは、自分たちミスから追加点を献上する。CBモーガンのバックパスがストークの1トップのウォルターズにカットされ、GKとの1対1を冷静に沈められたのである。
 
 失点のリスクを恐れて慎重になり、出足が遅くなったレスター。2点を失って以降もストークの素早いプレッシャーに苦しみ、自分たちのペースに持ち込むことができずに試合は進んだ。
 
 苦しい展開が続くなか、岡崎は数少ないチャンスに絡んだ。
 
 まずは32分にカンテからのスルーパスを相手CBの間で受け、決定機を迎えたかと思われたが、これはオフサイド。さらに40分には、右SBデラートからのクロスボールにヘディングで合わせたが、これはわずかに枠の上に外れてしまった。
 
 レスターはその他に目立ったシーンを作り出せないまま、ストークが2点をリードして前半は終了した。
【関連記事】
岡崎慎司はメガクラブに到達できる? 識者の目と過去の事例から可能性を探る
レスターがライバル相手に華麗な逆転劇! 前半で交代の岡崎……求められるのは結果のみ――レスター 3-2 アストン・ビラ
起点にはなったが…岡崎はゴール前のプレーで課題を残す――レスター 1-1 トッテナム
【プレミアリーグ】岡崎、ヘディングでプレミア初ゴール! レスターを勝利に導く
【プレミアリーグ開幕】レスターがサンダーランドに快勝! 岡崎は先発フル出場でデビュー

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ