【韓国メディアの視点】「7年ぶりに4強進出がゼロ」。ACLで全滅した韓国勢が抱く危機感

カテゴリ:Jリーグ

慎武宏

2015年09月17日

G大阪に屈した全北。敗因は最後の集中力不足。

ベスト4進出が目前まで迫ったアディショナルタイム、米倉に決勝点を奪われて全北現代の野望は潰えた。(C) Getty Images

画像を見る

 G大阪の逆転勝利で終わったACL準々決勝の第2戦。引き分けでもアウェーゴール数で勝ち上がりが決まる全北現代だったが、後半アディショナルタイムに痛恨の決勝ゴールを決められ、ベスト4進出の切符を逃してしまった。
 
 それだけに韓国メディアも「ガンバに逆転負けの全北、4強進出霧散」(一般紙『韓国日報』)、「“痛恨の1分”全北、ガンバに逆転負け」(ネットニュース『エクスポーツ』)とショックを隠せない。スポーツ新聞『スポーツ韓国』などは「虚妄の敗北、全北の脱落がより残念な理由」と題した記事のなかで、こう書き綴っている。
 
「なにもかもが残念な試合だった。最後の1分を耐え切れず敗北してしまったことが、惜しいことのすべてではなかった。結果論だが取られなくてもいい失点を何度も奪われた。それは、悪手となった戦術的選択が災いとなった。負けるような試合ではなく、しかもACLに残ったKリーグ唯一のチームだったため、その悔しさはさらに濃く残った」
 
 全北の敗因としてまず挙げられているのが、最後の集中力の問題だ。「反転の連続だった大阪の夜、刹那の集中力で分かれた勝負」としたサッカーネットディア『スポータルコリア』はこう指摘している。
 
「全北が多くの時間で4強に近かったのは事実だが、勝負どころで集中力を発揮したのはガンバだった。ガンバは先制を許して心理的に負担を感じるよりも前に同点にし、後半終盤に突然訪れた脱落危機のなかでも劇的なゴールを奪った。刹那の集中力が結果を分けた試合だった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ