【U-15日本代表】17-0からでは伝わらない真実 初戦5得点の久保建英が先発の座を掴むまで

カテゴリ:日本代表

川端暁彦

2015年09月17日

森山佳郎監督は徹底して「戦え」と要求。

初戦で5ゴールを挙げ、非凡な才能を見せつけた久保。しかし、チーム合流当初から先発の座を与えられていたわけではなかった。(C) Getty Images

画像を見る

 日本が2大会ぶりのU-17ワールドカップ出場を懸けて戦うU-16アジア選手権の一次予選が9月16日に開幕。大会に臨んだU-15日本代表は、初戦で久保建英の5得点、宮代大聖の3得点などで17-0と圧勝している。元バルセロナユースの久保が注目を集めるチームだが、一体U-15日本代表とはどのようなチームなのか。
 
――◆――◆――
 
 U-15代表への招集当初から久保建英が中心選手だったかと言えば、そうではない。そもそも森山佳郎監督には、ワンマンチームを作る意図はなかった。
 
 今年に入って日本協会は各世代代表のベクトルを揃えようとしているが、そこに久保が育ったバルセロナのカラーは薄い。基軸としたのは攻守の切り替えが素早く、球際で戦い、果敢にゴールを狙う姿勢を継続すること。8月の合宿ではブラインドサッカーを体験させ、「チームメートへの思いやりを持つことや、サッカーへ取り組む姿勢を大事にしてほしい」(森山監督)とメッセージを送った。
 
 そうしたベースの上に、「武器を持て」と強調するのが森山監督のスタイルだ。「システムなんて関係ない」と語る猛将の下で、2000年生まれ以降の選手で構成される“00ジャパン”は構築されてきた。
 
 切磋琢磨を重ねながら中軸と言える存在になったのが、CBとボランチを兼務する大型プレーヤーの瀬古歩夢や天賦のパスセンスに加え、守備も向上してきた平川怜、技巧派FWの宮代大聖であり、久保ということになる。
 
 平川も宮代も当初はハードワークに物足りなさを抱え、指揮官から徹底して「戦え」という要求を受けてきた。久保もまた「ゴール」という部分では傑出した個性を示しつつも、守備面ではウィークポイントが多く、当初は専ら控え組で起用されていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ