「30歳過ぎたらプラスの部分を求められる」播戸竜二が39歳まで現役続行できたワケ。「クラブにどう適応し、必要とされるか」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年07月03日

「サッカー選手をやってきて本当に幸せだった」

鈴木氏のYoutubeチャンネルに播戸氏が出演。キャリアの中盤から引退までを振り返った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 元日本代表MF鈴木啓太氏が、自身のYouTubeチャンネルで最新コンテンツを投稿。ゲスト出演した元日本代表FW播戸竜二氏が、キャリアの中盤から引退までを振り返っている。

 2006年にヴィッセル神戸からガンバ大阪に復帰した播戸氏は、ACLと天皇杯の優勝やクラブワールドカップ3位を経験。08年シーズンの天皇杯決勝では、延長戦からの途中出場で決勝点をゲット。「キャリアを思い返して一番記憶に残っているゴール」だと語った。

 翌09年に30歳になり、チームの若返りの方針のため、同シーズンをもって契約満了。2010年にセレッソ大阪に移籍する。当時、香川真司(現・シント=トロイデン)や清武弘嗣、山口蛍(現・ヴィッセル神戸)、家長昭博(現・川崎フロンターレ)ら期待の若手が在籍するチームで、彼らをまとめてほしい、経験を伝えてほしいと頼まれた。「30歳くらいから若手をどう伸ばすかという風にマインドが少しずつ変わっていった」という。

「若い頃は、自分が結果を出してプレーで認めてもらうしかない。30歳を超えたあたりからは、そのチーム・クラブにどう適応して、その中でどう必要とされるかが大事」「結果はもちろん、30歳くらいからはプラスの部分を求められる」
 
 その後、サガン鳥栖、大宮アルディージャ、FC琉球と渡り歩いた。

 2013年の夏に加入した鳥栖はJ1の残留争いに巻き込まれていたが、チームのまとまりの強さに着目。「こんなところにいるチームじゃないと思う」と伝えた。残留を果たしたチームは翌年、過去最高の5位に躍進する。

 2015年に移籍したJ2の大宮では、リーダーと経験が必要とされていたことから、日々の過ごし方やプロ意識を伝えた。同年、大宮はJ2優勝、1年でのJ1復帰を実現した。

 現役最後となる2018年は、J3の琉球に在籍。「自分が活躍するというよりかは、周りをどれだけ成長させて上に行かせるかを学んだ1年だった」と振り返る。その年、チームはJ3で優勝し、初のJ2昇格を果たした。

 高卒でプロキャリアをスタートさせ、39歳までピッチに立ち続けた播戸氏。21年にも及んだ現役生活を「サッカー選手をやってきて本当に幸せだった」と満足げに語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】播戸竜二が39歳まで現役続行できたワケを語る「30歳過ぎたらプラスの部分を求められる」「クラブにどう適応し、必要とされるか」

【PHOTO】先制、逆転、AT弾でドロー!白熱のゲームを熱く応援した鹿島&鳥栖サポーター
 
【関連記事】
「捉え方って大事」播戸竜二がキングカズから学んだこと。オシムにかけられた言葉とは? 鈴木啓太は「初耳かも」と驚き
「夢のような6番を手に入れた」現地メディアが“守備的MF”板倉滉に太鼓判!「ボルシアMG最大の補強ポイントだった」
マンUに激震!C・ロナウドが退団を要求と現地報道!「もっと野心を叶えたいのでチームを去りたい」
E-1選手権でテストしてほしい。三笘薫とはまた違うタイプのドリブラー
「あいつはサンテティエンヌの奴じゃねぇ」松井大輔、早期退団の要因となった仏名門会長の“暴言”を明かす!「そんなクラブに居たくない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ