• トップ
  • ニュース一覧
  • 【アフガニスタン 0-6 日本】香川が先制弾、岡崎に予選初得点、本田ダメ押し、大量得点で2勝目!

【アフガニスタン 0-6 日本】香川が先制弾、岡崎に予選初得点、本田ダメ押し、大量得点で2勝目!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年09月08日

前半はやや膠着するも後半にゴールラッシュ。

日本は香川、森重のゴールで前半を2点リードで折り返すと、後半はゴールラッシュで試合を決めた。

画像を見る

 ロシア・ワールドカップのアジア2次予選・アフガニスタン戦が9月8日に行なわれ、6-0で日本が勝利した。日本は通算成績を2勝1分けとした。
 
 スタメンの顔ぶれは、GK西川周作、DFが左サイドから長友佑都、吉田麻也、森重真人、酒井宏樹。中盤は、ボランチに長谷部誠と山口蛍が入り、トップ下に香川真司、左サイドに本田圭佑、右サイドに前戦から武藤嘉紀に代わって原口元気が入り、1トップには岡崎慎司が起用された。
 
 試合は立ち上がりから日本がボールを支配し、1分にはCKから森重がヘディングシュート。7分には本田の折り返しに長谷部がワントラップボレーと決定機を作り出す。
 
 10分には原口の仕掛けからボールを受けた香川がターンから鮮やかなミドルシュートを突き刺し、日本が先制に成功する。
 
 しかし、その後も日本がボールを支配するものの、なかなか追加点が生まれない。26分には、森重のミドルシュートが大きくイレギュラーバウンドし、バーに直撃すると、こぼれ球を岡崎がヘディングで狙ったが、わずかにゴール左に外れた。
 
 ジリジリとした展開が続くなか、30分にはまたも原口のドリブルが効果を発揮。ファウルを誘ってペナルティエリア手前からFKのチャンスを得る。だが、このFKのチャンスも本田ではなく吉田が直接狙ったものの壁に阻まれる。
 
 それでも35分、日本は長友の後方からのフィードを攻撃参加していた森重がヘディングシュート。これはGKのセーブに遭ったものの、こぼれ球を本田が折り返し、最後は森重が左足で押し込んだ。前半はこのまま日本の2点リードで折り返した。
 
 日本は後半立ち上がりに3点目を奪う。49分、ペナルティエリア内に侵入した香川がこぼれ球を拾うと左足を一閃。鋭いシュートがゴールネットに突き刺さった。
 
 さらに57分、日本は香川を起点に見事な連係で4点目を奪う。左サイドから中に切れ込んだ香川のスルーパスに山口が抜け出すと、中央に折り返したボールを岡崎が押し込んだ。岡崎は今予選初ゴールとなった。さらに岡崎は直後の60分にもチームの5点目を奪った。
 
 70分には酒井宏に代えて宇佐美を投入すると、その3分後、左サイドをドリブル突破した宇佐美が中央へラストパス。これを本田が左足で押し込み、6-0とリードを奪う。

 試合はこのまま6-0で終了。日本は快勝で勝点を7に伸ばした。
【関連記事】
【日本 対 アフガニスタン】サッカーダイジェスト特派記者の採点&寸評
【速報】アフガニスタン×日本|香川、岡崎、本田が決めた! 後半はゴールラッシュ
【セルジオ越後の天国と地獄】ホームでたったの3点。今の日本からはやりたいことが見えてこない
【アフガニスタン戦展望/予想スタメン付き】ハリルホジッチ政権下で初のアウェーゲーム。指揮官の自信に満ちた言葉をジャッジする試合に
「チャンスの作り方が、あまり上手くない」。エース本田が語った根深き課題とは?
【日本代表】未体験のアウェー5連戦で長谷部が危惧するものとは?
【藤田俊哉の目】最大の問題は決定力不足ではなく、海外組を脅かす存在がいないこと

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ