「まさかの『投げない』」マリノスの10番がハマスタで魅せた!超異例の始球式が話題沸騰!「マルコスvsエスコバーは草」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年07月01日

本人は「本当に楽しかったです。新鮮でした」

横浜スタジアムでの始球式に登場したM・ジュニオール。違和感なし?(C)1992 Y.MARINOS

画像を見る

 横浜F・マリノスのマルコス・ジュニオールが6月30日、横浜スタジアムで開催された横浜DeNAベイスターズ対阪神タイガースの試合前イベントに登場。前代未聞のセレモニアルピッチを披露し、盛り上げた。

 同じ横浜に本拠地を置くF・マリノスとDeNAベイスターズにとって今年はメモリアルイヤー。前者はクラブ創設、後者はベイスターズの球団名を冠してから30周年を迎える。それを記念して、この阪神3連戦では「I☆YOKOHAMA SERIES」と題し、選手たちがスペシャルユニホームを着用するなど、様々な取り組みが行なわれた。

 その一環として、始球式は連日F・マリノスの選手が担当。初日の水沼宏太、2日目の仲川輝人に続き、最終日に大役を担ったのがM・ジュニオールだ。
【動画】水沼&仲川も始球式に登場!Jリーグ有数のアタッカー2人のピッチングは?

 ブラジル人FWは華麗なリフティングでグラウンドに登場し、マウンドへ。前日までの2人はこの後、グローブをはめ、ベイスターズの打者相手に従来通り野球ボールを投げ込んでいたが、M・ジュニオールは一味違った。

 F・マリノスの10番は右手の指を負傷しているからか、左打席に入ったエドウィン・エスコバーに向け、ピッチングではなく、なんとサッカーボールをインサイドでキック。野球ボールと比べ、かなり大きい5号球はストライクゾーンに飛ばず、打者の背中に向かったが、そこはご愛敬。セ・リーグを代表する中継ぎ左腕から見事空振りを奪った。
【動画】「そう来たか!!」マリノスの10番マルコスが見せた前代未聞の始球式をチェック
 M・ジュニオール本人は、「今日のセレモニアルピッチは本当に楽しかったです。いつもとは違う雰囲気の中で、サッカーボールに触れたのは新鮮でした」と振り返った異例の始球式はたちまち話題沸騰。ツイッター上では興奮の声が続々と上がっている。

「始蹴式おもしろかったwww」
「まさかの『投げない』」
「そう来たか!!」
「ボールを投げないで蹴るセレモニアピッチ、初めて見たわ」
「異種格闘技」
「サッカーボールでの始球式初めて見た」
「マルコスvsエスコバーは草」

 横浜同士の夢のコラボは、多くの人々の心に残るものとなったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「タカさんより大きくなりました!」マドリー中井卓大が“9年来の仲”石橋貴明との2ショット公開!「凄い人脈」など反響
「ただただ恥ずかしい」中国が2030年W杯の招致に参戦か。国内の反応は冷ややか「サッカーのレベルは酷すぎるのに…」
「まだ現役なのを知っていたか?」香川真司が“市場価値が激減した名手のベスト11”に選出!助っ人Jリーガー2人もセレクト
「イメチェンしたんですね」田中碧のフォーマルなスーツ姿にファン歓喜!「可愛いしカッコいいし最高」
「俺たちを笑い者にするな」ボロ負けで少年時代のイニエスタを蹴り飛ばしたスペイン人FWが回想!「良い選手になると思った」名手の振る舞いとは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ