トーレス、イグアイン、ファルカオ、そしてルカク…チェルシーの“9番の呪い”に英紙注目!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月28日

点取り屋たちも期待に見合う結果を残せず

(左から)イグアイン、トーレス、ルカク、ファルカオはいずれもチェルシーでは結果を残せず。(C)Getty Images

画像を見る

 背番号9。サッカーではストライカーの代表的な番号だが、チェルシーではこのナンバーを付けた選手が、期待に見合う結果を残せないまま次々にチームを去っている。

 英紙『THE Sun』は、そんなチェルシーの“9番の呪い”についての記事を掲載。「ロメル・ルカクは、イグアイン、モラタ、トーレスに続くチェルシーの9番の呪いの最新の犠牲者だが、次は誰か?」と伝えている。

 日本でもプレーした元スペイン代表フェルナンド・トーレス、スペイン代表アルバロ・モラタ、元アルゼンチン代表ゴンサロ・イグアイン……。いずれも言わずと知れた点取り屋だが、チェルシーでは本領を発揮できなかった。
 
 そして、2020-21シーズンに9番を背負ったルカクは、前シーズンにインテルで24ゴールを挙げてスクデット獲得に大きく貢献し、大きな期待を受けて古巣のチェルシーに復帰。しかし、26試合で8ゴールとその期待に応えることができず、インテルへの移籍が決定的となっている。

 記事は他にも、元イングランド代表のクリス・サットン、元セルビア代表のマテヤ・ケジュマン、元アルゼンチン代表のフランコ・ディ・サント、コロンビア代表のラダメル・ファルカオなど、9番の負の歴史を紹介している。

 皮肉なことに、ルカクの前に9番をつけていたタミー・エイブラヒムはチェルシーでは燻っていたものの、昨夏にローマに移籍し、17ゴールを挙げる大活躍を見せた。

 チェルシーはルカクに代わる新たなストライカーの獲得が取り沙汰されているが、この呪いを克服する者は現れるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
なぜマドリーは久保建英の売却を拒否しているのか。期待しているのは“ヴィニシウスの再現”「信じている」
「まるで別人だ」「認識不能」さらに変貌したイグアインの衝撃的な姿にファン騒然!
「日本の欧州組が数人でかかってもソン・フンミンひとりを超えられない」アジア人選手の市場価値ランキングに韓国メディアが意気軒昂!「冨安でも3分の1だ」
「我々は裏切りを忘れていない」復帰報道のルカクにインテルのウルトラスが異例の声明!「王のように扱われたが今は…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ