パリSGの新指揮官就任が決定的なガルティエとはどんな監督? 20-21シーズンには4連覇を阻む

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2022年06月22日

ガルティエの基本戦術は堅守速攻。若手育成にも定評あり

パリSG強化責任者のカンポスとはリール時代に共闘し、リーグ・アンを制覇しているガルティエ監督。(C)Getty Images

画像を見る

 パリ・サンジェルマンの新監督として、もう間もなくニースを指揮していたクリストフ・ガルティエが就任する予定だ。

 現地時間6月21日、フランスの『L'Equipe』紙は、パリSGがガルティエ監督の招聘についてニースと合意に近づいていると報じた。

 同紙によれば、パリSGはニースが要求する違約金1000万ユーロ(約14億円)を支払う意思があるとのこと。現監督のマウリシオ・ポチェティーノの退任が決まり次第、正式に発表される見込みで、早ければ今月23日(木曜日)になると伝えている。

 ただ、パリSGとポチェティーノ監督及びコーチ陣の契約は23年6月までとなっており、契約解除となれば1500万ユーロ(約21億円)の違約金が発生するようだ。

 ガルティエは、堅守速攻をベースとしたコレクティブかつ強力なチームを作ることに長けた監督で、若手育成にも定評がある。

 先日スポーツディレクターを解任されたレオナルドの後任として新たにパリSGの強化部門を取り仕切るルイス・カンポスとは、リール時代に共闘して信頼関係を築いており、ジネディーヌ・ジダンと共にパリSGの新監督の有力候補とされていた。
 

 ガルティエは現役時代にマルセイユやリールなどで主にCBとしてプレー。1999年12月に遼寧(中国/2020年5月に資金難で解散)で現役を引退すると、指導者の道に進んだ。

 プロデビューを飾った古巣マルセイユやアリス(ギリシャ)、ポーツマス(イングランド)、リヨン、サンテティエンヌなど国内外のクラブでアシスタントコーチを歴任。07-08シーズンはリヨンで、アラン・ペラン監督の右腕として優勝を経験している。

 2009年12月にそのペランの後任としてサンテティエンヌの監督に就任。成績が安定しなかったクラブを、堅守速攻をベースとした大崩れしないチームへと変貌させた。6シーズン連続で国内リーグトップ10入りを果たし、10度のリーグ・アン制覇を誇る古豪の復活を印象付けた。

 サンテティエンヌでの指導力を買われ、17-18シーズンからリールの監督に就くと、20-21シーズンはパリSGの4連覇を阻み、クラブを10年ぶりの栄冠へと導いた。21-22シーズンはニースでフランス・カップ準優勝と結果を残している。

 新シーズンへ向けたパリSGのキャンプ開始日は7月4日となっており、まだ正式決定はしていないとはいえ、新指揮官のチーム作りに注目が集まる。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【関連記事】
「僕を殺したがっていた」メッシに“ブチギレ”された恐怖をパリSG同僚が告白!「家に帰りたかった」
「リーグ1移籍市場の大物を獲得した」南野拓実の強豪モナコ加入を仏メディアはどう伝えた?「違いを作り、ゴールを決める能力がある」
「お手頃価格でよく獲得できた」南野拓実の争奪戦勝利にモナコのファンは歓喜!「よくやった、プレゼントだ」
「エムバペはEUROの後、フランス代表でプレーしたくないと言った」仏連盟会長の衝撃発言に“怪物”が怒りの反論!「僕は人種差別のせいだと…」
「ロナウドのほうが上と言う人はサッカーを何も知らない」バロンドール3度受賞のレジェンド、メッシ激推しも歴代ベスト3には入れず

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ