「僕を殺したがっていた」メッシに“ブチギレ”された恐怖をパリSG同僚が告白!「家に帰りたかった」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月20日

「本当に熱くなっていた。酷かったよ」

メッシがバルサ時代に激怒したシーンをパリSGの同僚が明かした。(C)Getty Images

画像を見る

 パリ・サンジェルマンとアルゼンチン代表でリオネル・メッシとチームメイトであるMFレアンドロ・パレデスが、ス―パースターから受けた“恐怖”を回想した。スペイン紙『MARCA』が6月19日付けで伝えている。

 メッシがまだバルセロナでプレーしていた2020-21シーズン、チャンピオンズ・リーグのラウンド・オブ16でパリSGと対戦した時のことだ。パレデスはバルサの10番に激しいタックルをかわし、チームメイトと何かを話すと、それを聞いていたメッシが激怒したという。

「彼は僕が発した言葉を聞き、カッとなった。本当に熱くなっていた。酷かったよ。僕をコテンパンにしようとしていた。彼は僕を殺したがっていたし、僕は家に帰りたかった」

【動画】「僕を殺したがっていた」パリSGのMFがビビったメッシのマジギレシーン
 ただ、その後に、アルゼンチン代表で再会した際、わだかまりは一切なかったという。

「彼は何事もなかったように、振舞ってくれたんだ。僕に人としてあるべき姿を見せてくれた。だから、関係は続いたんだ。今でもその時のことを話すし、笑い話になったけど、本当に怒っていた。殺したがっていたよ」

 負けん気の強いパレデスが萎縮するほど、ブチギレたメッシには凄みがあったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「エムバペはEUROの後、フランス代表でプレーしたくないと言った」仏連盟会長の衝撃発言に“怪物”が怒りの反論!「僕は人種差別のせいだと…」
「ベンゼマが再び斧でエムバペを襲う」チュアメニ獲得のマドリー、主砲がまた“裏切り者”匂わせ投稿で現地騒然!「攻撃したいと考えていた」
「別の映像があるけど見せられないと。理解不可能」神戸の三木谷会長が再び怒りの投稿、判定への不満収まらず「日本は審判批判はいけないという風土があるが…」
「日本人はロボットか」メッシが日本の指導法を疑問視!?城彰二は「サッカーは感覚だから」と持論
「今の大迫と久保は選べない」セルジオ越後が選ぶ日本代表のW杯メンバーとは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ