「PSGにノーと言った」レアルが仏代表MFチュアメニの争奪戦でパリにリベンジ! スペイン紙は“勧誘”のエムバペへ皮肉?「カネではなくマドリーを選んだ」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月12日

移籍金は8000万ユーロ+2000万ユーロ

マドリー移籍が決定したチュアメニ。(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーは6月11日、フランス代表MFオーレリアン・チュアメニの移籍に関してモナコと合意したことを発表した。契約期間は2028年6月までの6年間で、14日にメディカルチェックを行なった後、入団発表が行なわれる。スペイン紙『AS』は移籍金が8000万ユーロ(約104億円)で、2000万ユーロ(約26億円)のインセンティブが付くと報じている。

 この22歳の獲得を巡っては、マドリー、パリ・サンジェルマン、リバプールなど激しい争奪戦を繰り広げ、とりわけキリアン・エムバペに関しても激しいバトルを演じたマドリーとパリSGが再び激しくやり合っていた。しかも、パリSG残留を選んだエムバペが、モナコとフランス代表の後輩であるチュアメニを勧誘していたとも報じられ、マドリーにとっては「リベンジを懸けた戦い」だった。

【画像】マドリーを袖にしたエムバペへの痛烈な皮肉! マドリディスタが掲げた話題のユニホームをチェック
 そのため、マドリー贔屓のスペイン・メディアは意気揚々だ。スペイン紙『AS』はエムバペの時と同様にパリSGが好待遇を約束したが、「彼はPSGにノーと言った」と報じている。

「彼の意志は、作戦全体を通して重要だった。たとえそれが『お金を失う』ことを意味したとしても、彼はレアル・マドリーに来たいという立場を常に明確にしてきた。エムバペからの明白な要求によるPSGの介入により、彼の獲得はより高価になった。最初の入札額6000万ユーロを最終的に8000万ユーロに引き上げることを余儀なくされた。しかし、チュアメニはマドリーを望んでおり、マドリーを選び、最後まで彼の言葉を守った」

 マドリー移籍が濃厚視されていたなか、土壇場で翻意したエムバペへの当てつけのような言い回しだ。エムバペに袖にされたマドリーからしても「したやったり」といったところだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】チャンピオンズリーグ決勝の舞台に駆けつけたリバプール&レアル・マドリー両サポーターを特集!
【関連記事】
「恥だ。忠義だと?」カッサーノが大金で残留のエムバペを辛辣批判!「マドリーに行くのを望んでいたくせに」
「マドリーは最高のチームではなかった」メッシが“宿敵”のCL制覇に持論!「僕らは抹殺された」
「臆病でラフな日本と勇敢な韓国」ブラジル人記者が明かした“日韓の違い”。「どちらが得るものが多かったかは明白だ」
森保Jに大敗のパラグアイ、韓国戦はATに追いつかれるもドロー。指揮官が“日本戦”との違いに本音!「どちらが強いという以前に…」
“エムバペ王国”となったパリSG、新SDの下で大粛清を計画!10人を一挙放出と現地報道

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ