仙台が劇的AT弾で2-2ドローに持ち込む!徳島は二度のリードを守り切れず7戦白星なし

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月11日

90+7分の同点劇

途中出場の仙台・皆川が値千金の同点弾。敵地で貴重な勝点1奪取に貢献した。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは6月11日、J2第21節の5試合を各地で開催。鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムでは徳島ヴォルティス対ベガルタ仙台が行なわれ、2-2の引き分けに終わった。

 序盤は徳島がボールを保持して、リズムを掴む。的確なプレスからボールを奪い、左ウイングの杉森考起や右ウイングの浜下瑛の縦への突破でチャンスを作る。3分にはエウシーニョのドリブルから縦パスが入り、一美和成が決定機を迎える。19分には浜下がカットインから惜しいシュートを放つ。

 仙台はビルドアップに苦労したが、攻撃時にボランチのレアンドロ・デサバトを最終ラインに降ろし、サイドバックを上げて打開を試みる。徐々に拮抗した展開に持ち込み、29分には中山仁斗が左サイドで1対1を制してクロスを上げ、遠藤康のシュートで徳島ゴールを脅かした。

 スコアレスで迎えた後半は、点の奪い合いに。先制したのは徳島。69分、中盤でボールを奪うと、白井永地が右サイドにロングパスを供給し、これを受けた杉森からのクロスを一美が押し込んだ。仙台はその2分後、氣田亮真が左サイドから上げたクロスのこぼれ球を内田裕斗が詰めて、すぐさま追いつく。
 
 80分には徳島が勝ち越しに成功。セットプレーの流れから、児玉駿斗がミドルを放つ。放たれたボールはカカに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

 徳島の7試合ぶりの勝利が見えてきた終了間際の90+5分、仙台が追いつく。キム・テヒョンがペナルティアエリア内に浮き球を送ると、真瀬拓海が相手に倒されてPKを獲得。キッカーの皆川佑介のシュートは相手GKホセ・アウレリオ・スアレスに弾かれたが、跳ね返りを冷静に決めて同点とした。

 次節は6月18日、徳島はアウェーでいわてグルージャ盛岡と、仙台はホームで横浜FCと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】敵地・NACK5スタジアム大宮に乗り込んだベガルタ仙台サポーターを特集!

【PHOTO】敵地・町田GIONスタジアムに駆けつけた徳島ヴォルティスサポーター!
【関連記事】
森保Jに大敗のパラグアイ、韓国戦はATに追いつかれるもドロー。指揮官が“日本戦”との違いに本音!「どちらが強いという以前に…」
【セルジオ越後】久保の初得点も騒ぐことじゃない。普通は代表に呼ばれないレベル。W杯のレギュラーまで道はまだ遠いよ
久保は「入らない可能性も」城彰二がガーナ戦を踏まえ森保JのW杯メンバー当落を予想! “当確”の太鼓判を押したのは?
「退団の可能性は非常に高い」南野拓実の去就に移籍市場の有名記者が見解!「インテルはない。有力なのは…」
「臆病でラフな日本と勇敢な韓国」ブラジル人記者が明かした“日韓の違い”。「どちらが得るものが多かったかは明白だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ