• トップ
  • ニュース一覧
  • 森保ジャパン、ブラジルに0-1惜敗! 粘り強く守っていたが…ネイマールの“5戦連発9点目”となるPK弾に沈む

森保ジャパン、ブラジルに0-1惜敗! 粘り強く守っていたが…ネイマールの“5戦連発9点目”となるPK弾に沈む

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月06日

“世界最強”のタレント集団が多彩なアタックを仕掛ける

日本は善戦するもブラジルに0-1で敗れた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本代表は6月2日、キリンチャレンジカップ2022で世界ランキング1位のブラジル代表と対戦。試合は1-0でブラジルが勝利した。

 日本の先発メンバーは、GKに権田修一、4バックは長友佑都、板倉滉、吉田麻也、中山雄太、アンカーに遠藤航、インサイドハーフは原口元気と田中碧、3トップは伊東純也、古橋亨梧、南野拓実というラインナップに。

 前半は、劣勢の時間帯が長かった。開始2分、ボックス内でパスを受けたネイマールが意表を突くヒールパス。これに反応したパケタの右足シュートがポストを叩く。

 日本も敵陣にボールを運ぶ場面を作るものの、なかなかシュートに持ち込めない。時間の経過とともに攻勢を強めるブラジルに押し込まれ、10本以上のシュートを打たれるが、守護神・権田の再三に渡る好セーブもあり、無失点で最初の45分間を終える。

 迎えた後半も、ペースを握ったのはブラジル。52分には日本の右サイドを崩し、最後はネイマールが際どいシュートを放つ。

 テンポの良いショートパス、大胆なサイドチェンジ、アイデア溢れるコンビネーションプレーなど、“世界最強”のタレント集団が多彩なアタックを仕掛ける。防戦一方の日本は我慢強く守りながら、なんとか最後の一線を越えさせない。

 64分にはロングボールからネイマールが決定機を迎えるが、これは板倉が身体を張ってブロックする。
 
 日本は後半のスタートからピッチに立った鎌田大地ほか、前田大然、三笘薫、堂安律などアタッカー陣を投入し、攻撃の活性化を試みる。

 だが、均衡を崩したのはブラジル。75分、自陣エリア内で遠藤がリシャルリソンを倒し、PKを献上。これをキッカーのネイマールが確実に仕留める。日本戦は4戦連続で計8ゴール中のネイマールが、今回もまたゴールをマークした。

 ビハインドを背負った日本は懸命な反撃も、最後まで1点が遠く、0-1で敗戦。日本は今後、キリンカップサッカーで10日にガーナ、14日にチリまたはチュニジアと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】決勝点はネイマール!冷静にPKを沈め“5戦連発9点目”

【キリンチャレンジカップPHOTO】前半はブラジルの強力な攻撃陣を抑えて無失点、先制ゴールを目指して後半へ折り返す!
 
【関連記事】
【日本0-1ブラジル|採点&寸評】CB吉田&板倉を中心に奮闘も…ブラジルとの差を痛感
「なんという恥だ」森保Jに辛勝のブラジル代表に辛辣批判!「ネイマールはPKしか決めないじゃないか」
【ブラジル代表|採点&寸評】ネイマールはややキレを欠くも…。MOMは攻守で日本代表を圧倒したボランチ!
「健闘と言えるのでは?」ブラジルに敗れた森保ジャパンの奮闘、ファンの評価は真っ二つ「交代が意味不明」
「日本のGKは素晴らしい!」好セーブ連発の権田修一を敵国ブラジルも称賛!「クソ、また防がれた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ