【パラグアイ戦速報】森保ジャパン、浅野のループ弾&鎌田のヘッド弾! 2点リードで前半を折り返す

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月02日

立ち上がりからペースを掴み、好機量産

パラグアイ戦で先制点を決めた浅野。塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 4試合が組まれた6月シリーズで、日本代表は2日、キリンチャレンジカップ2022でパラグアイ代表と対戦。試合は札幌ドームで19時にキックオフされた。

 日本の先発メンバーは、GKにシュミット・ダニエル、4バックは山根視来、吉田麻也、谷口彰悟、伊藤洋輝、中盤はアンカーに遠藤航、インサイドハーフに原口元気と鎌田大地、3トップは堂安律、浅野拓磨、三笘薫という顔ぶれに。

 立ち上がりからボールを保持し、ペースを握った日本は5分、最初のチャンスを迎える。左サイドを攻め上がった伊藤のクロスから堂安が惜しいシュートを放つ。続けざまにCKから遠藤が決定機を迎えるが、至近距離からのシュートはバーの上に。

 11分には、ニアゾーンに侵入した三笘のパスから鎌田がダイレクトシュート。これは惜しくもバーを叩いて得点ならず。16分の原口の左足シュートは相手DFに当たって枠を外れる。

 ゴールはならずとも、日本は自分たちのリズムでゲームを進めながら、パラグアイを押し込んでいく。相手ボールになれば、素早く攻守を切り替え、鋭い出足と連動したディフェンスで即時奪回を試みる。
 

 27分には三笘がペナルティエリア付近で敵DFをかわして右足を振り抜くが、シュートは相手GKのほぼ正面に。29分、パラグアイのブラス・リベロスの強烈なミドルはシュミットがしっかりとストップする。

 そして36分、日本が均衡を崩す。原口のスルーパスに抜け出した浅野がGKとの1対1に持ち込むと、鮮やかなループシュートでネットを揺らす。

 リードを奪った日本は、その後も危なげなく戦いながら、42分に堂安のクロスから鎌田がヘディングシュートを決める。2点リードで前半を折り返した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】札幌ドームに駆けつけた日本代表サポーターを特集!
 

【関連記事】
森保ジャパン、パラグアイに4発圧勝! 鎌田のヘッド弾や三笘の絶妙ショットなど4-1勝利! 6月シリーズは白星スタート
「惨敗じゃないか!」森保ジャパンに完敗のパラグアイ代表に敵国ファンが怒り!「日本を破ることなんてできない」
「勘違いしていた」パラグアイ代表監督、日本に“入国できなかった”選手がいると告白
「伊藤がいいな…!」森保ジャパンのパラグアイ戦、ファンはA代表デビューの23歳に驚嘆「フィードの安定感すごい」
「屋根で覆われているのに天然芝だ」日本対パラグアイを開催する札幌ドームに敵国メディアが驚嘆!「日本人の発達した技術に支えられ…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ