神戸に50万円の罰金処分。複数選手が主審に集団で詰め寄り、見苦しい抗議を執拗に繰り返し行なったと認定

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月24日

直接FKがゴールインも、直前にハンドの反則

湘南戦の行為で神戸に罰金処分が下された。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは5月24日、J1第14節の試合で起きた行為に対し、ヴィッセル神戸の処分を発表した。

 同節の湘南ベルマーレ戦で、試合の90+6分の判定に対して、神戸の複数の選手が執拗に抗議した行為が見られた。

 Jリーグ規律委員会にて、同行為について映像等を用いて検証。事実関係を確認した結果、神戸の監督・スタッフ等が抗議を静止しようとする行動は確認できたが、その行動以前に激しく執拗に主審への抗議がなされていること、またその行動後も選手等による抗議が繰り返し続いていたことが確認できたため、同委員会は神戸の複数の選手が主審に集団で詰め寄って、見苦しい抗議を執拗に繰り返し行なったものと認定した。
 
 上記の事実関係の確認を踏まえ、(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同行為は、「チームによる違反行為 – 同一チームの何人かの選手等が審判等に集団で詰め寄って、脅しをかけるような言葉や態度を用いた場合、あるいは、見苦しい抗議を執拗に繰り返し行なった場合、当該チームに対して罰金が科される」に該当すると判断、罰金(50万円)処分とした。

 試合の終了間際、神戸側の直接FKがゴールインも、直前にハンドの反則が認められてノーゴールに。この判定に神戸側の選手が理由を求める場面が見られていた。試合は2-1で湘南が勝利している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
G大阪、一部サポーターの無期限入場禁止処分を発表。大阪ダービーで投げ込みなどの危険行為や試合運営妨害が判明
相手選手につばを吐いて退場の横浜アンデルソン・ロペス、処分が決定。計6試合の出場停止および罰金60万など
逆転負けのガンバ、ピッチ上でまさかの内輪揉め。昌子とペレイラが激しく言い合う。「試合中にあれはアカン」「敵地で恥ずかしい」などファン落胆
劇的FK弾は無効、キッカーのイニエスタは審判に歩み寄り…名手の振る舞いに代表OBは「ちゃんと礼をするのが凄い」
いったい何が? STVV林大地らの抗議に主審が頭を抱えて謝罪!「珍しいシーンだ」「選手たちは苛立ったが…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ