【J1展望】2ndステージ・8節|鳥栖-横浜|ルーキーの勢いを武器に好調の横浜守備陣を突き破れるか?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年08月21日

鳥栖――鎌田の有言実行に期待。 横浜――縦への鋭さ+連動性ある崩しで一気に強襲。

故障者/鳥栖=池田、平、坂井 横浜=矢島、熊谷、兵藤
出場停止/鳥栖=なし 横浜=なし

画像を見る

J1リーグ 2ndステージ・8節
サガン鳥栖-横浜F・マリノス
8月22日(土)/19:00/ベストアメニティスタジアム
 
サガン鳥栖
2ndステージ成績(7節終了時):11位 勝点9 2勝3分2敗 9得点・10失点
年間成績(24試合終了時): 12位 勝点29 7勝8分9敗 31得点・42失点
※8月21日時点
 
【最新チーム事情】                 
●前節の山形戦で4-2-3-1に回帰し、アウェー勝利を飾る。
●エース豊田のコンディションは上向きも、ベンチスタートを予想。
●U-22代表候補に選出された鎌田は好調を維持。
 
【担当記者の視点】
 前節の山形戦ではリーグ戦4試合ぶりにシステムを4-2-3-1に戻し、3-1で快勝。奪ったボールを素早くつなぐなど、これまでのロングボール一辺倒ではない崩しを見せ、得点者も鎌田、水沼、ペク・ソンドンと多彩だった。
 
 その試合では故障明けの豊田が途中出場を果たしたが、1トップで先発した谷口も起点として機能しており、チームとしての戦い方も悪くなかった。そのため、今節も谷口のスタメン起用が予想される。
 
 今節の相手は、直近2試合で完封勝利を飾るなど守備陣が好調の横浜。そんな堅守の壁を破るには、やはり攻撃陣の奮起に期待したい。その意味で豊田の起用法とともに注目したいのは、U-22代表候補に選ばれた鎌田。選出にあたり、「ずっとホームで勝ちがないので、横浜戦になんとしてでも勝ちたい」と語った19歳の有言実行に期待だ。
 
 
横浜F・マリノス
2ndステージ成績(7節終了時):12位 勝点8 2勝2分3敗 9得点・8失点
年間成績(24試合終了時):9位 勝点34 9勝7分8敗 30得点・25失点
※8月21日時点
 
【最新チーム事情】
●喜田が練習中に脳震とうを起こし、欠場の見込み。中村がボランチで先発か。
●ラフィーニャが20日に左太腿前に違和感を訴え、練習を途中で切り上げる。欠場の場合は伊藤が代役に。
●齋藤が好調を維持。練習でもキレのある動きを見せている。
●右ふくらはぎを痛めている兵藤は部分合流。鳥栖戦の出場は状態次第となる。
 
【担当記者の視点】
 現在2連勝とチーム状態は上向き。しかも、その2試合はどちらも完封勝利で、伝統の堅守が蘇ってきているのも好材料のひとつだ。
 
 鳥栖は今季の公式戦初勝利を収めた“縁起の良い”相手。第1ステージでのホームでの対戦では、兵藤の1点を守り切るギリギリの勝利だった。
 
 鳥栖とは1点を争うゲーム展開が多く、今回も接戦になる可能性は高い。エース豊田だけでなく、注目ルーキーの鎌田や日本代表の藤田など、個で勝負を決められる選手は少なくないだけに、まずはそうしたキープレーヤーへの対応で集中を切らさず、仕事をさせないようにしたい。
 
 相手のハードワークにも手を焼きそうだが、冷静にボールを動かしながらポゼッションで優位に立てれば、ペースを掴めるはず。フィニッシュの段階では、縦への鋭さ+連動性ある崩しで一気に強襲したいが、リズムが単調にならないよう、効果的に横の揺さぶりも入れながら攻略していきたい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ