「第二の父」「ベスト」ハーランド、ポグバ、バロテッリらが代理人ライオラ氏の逝去を悼む。マドリー、パリSGらも追悼

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月01日

30日に家族が他界を公表

ライオラ氏を追悼する投稿をした(左から)バロテッリ、ポグバ、ハーランド。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間4月30日、敏腕代理人として知られるミーノ・ライオラ氏が他界したことを、同氏の公式SNSアカウントを通じて家族が公表した。54歳だった。

 スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチやフランス代表ポール・ポグバ、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドらを顧客に持つ大物エージェンドの急逝に、世界中のフットボール関係者に衝撃が走っている。イタリアやドイツのメディアによれば、1月に肺の疾患で入院していたとの報道もあるが、詳細は明らかになっていない。

 超大物エージェントの訃報に、レアル・マドリーやミラン、パリ・サンジェルマンといったビッグクラブが追悼のメッセージを公開。また、顧客だった選手たちも追悼の想いを発信している。
 ハーランドは自身のSNSにライオラとのツーショット写真を投稿し、「ベスト」とコメントを添えた。また、ポグバはインスタグラムのアイコンをライオラ氏とのツーショットに変更している。

 そしてイタリア代表マリオ・バロテッリはインスタグラムに、自身とライオラ氏が笑顔のツーショットを投稿。「人生においても、サッカーにおいても、あなたはいつも俺のそばにいた。あなたの苦言、サポート、助言、ジョーク、戦略は常に俺の頭の中にある。俺はあなたを愛しているし、これからもずっと第二の父だと思っている。いつもあなたは俺たちの生活の中に存在している。ありがとう、ミーノ。良い旅を」と想いを綴った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】ハーランドとバロテッリが公開したライオラ氏との笑顔の写真
【関連記事】
「4か月で2度も殺された」敏腕代理人ライオラ氏、ツイッターで“病死報道”を否定「腹立たしい」
衝撃の逮捕劇から1か月、元米女子代表の伝説GKがアルコール依存症の治療入院を決意!「殿堂入りを延期してもらいました」
「未来のスターだ」マドリー中井卓大、“リーガ制覇”の当日にベルナベウのピッチに立つ!一体なぜ?「どこいるかすぐわかった」
「バルサでプレーするに値しない選手が数多くいる」地元メディアが大刷新を強く訴え
「ELのキングは実に厄介だった」英国人記者が明かす鎌田大地の“衝撃”!「彼は不満を抱えているように見えたが…」【現地発】  

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ