元リバプールの36歳、“史上最悪”ダイブのとんでもない反響の大きさを明かす!「私の娘は学校で…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年04月30日

「どこへ行ってもみんなからこのことを聞かれる」

反響を呼んだダイブを振り返ったアダム。(C)Getty Images

画像を見る

 嘲笑は小学校の教室にまで及んでいるようだ。
 
 スコットランド・リーグの最下位に沈むダンディーは、今月23日にセント・ジョンストンとホームで対戦し、1―1のドローに終わった。この一戦において、あまりに恥ずかしい姿を晒してしまったのが、キャプテンのチャーリー・アダムだ。

 元スコットランド代表は、1―0で迎えた54分、自陣ゴール前でパスに反応。しかし、やや弱かったこともあり、トーマス・サングに寄せられる。すると、なんとアダムはサングに向かって唐突にダイブ。まったく接触がないにもかかわらず、当たり屋のごとく、ファウルをもらいに行ったのだ。
【動画】接触がないなら自ら接触…元リバプールMFが見せた目を疑うようなダイブ
 
 当然、主審からはシミュレーションとして、即刻イエローカードが提示された。
 
 かつてはリバプールでもプレーした、経験豊富な36歳のベテランが取った衝撃の行動には、イングランド代表のレジェンド、ガリー・リネカー氏もツイッターで「センセーショナルだ」と綴るなど、話題沸騰。
 
 世界中のSNSユーザーからも「こんなひどいダイブは見たことない」「彼をオリンピックに出そう。飛び込みで金メダル確実だ」「VARの最高の宣伝になるね」といった、驚きの声や皮肉が殺到する事態となっていた。

 そうしたなか、現地放送局『BBC』が29日付けで伝えたところによれば、当の本人がこの“事件”に言及。「重い罰を受けたよ」と、反響の大きさをユーモラスに訴えている。
 
「どこへ行っても、みんなからこのことを聞かれるんだ。僕の娘は学校で『お父さんに何が起こったの?』と言われたようだ。まあ面白い面を見る人もいるが、今思えば正しくないことで、認めざるを得ない。間違っていたよ」

 アダムは自戒する一方で、ダイブはサングからのチャレンジを予期してのものだったことも明かしている。

「僕に向かってくるのが見えたし、ファウルするつもりだと思った。そこで僕はファウルをもらおうとしたんだ。彼は接触しなかったし、僕は明らかに倒れてしまった。良いことではない。次の週末に良い結果を残せるようにしたいね」

 現在、最下位で自動降格圏に沈むダンディー。残り4試合で、2部クラブとの入れ替えプレーオフに回る11位とは勝点5差、残留ラインの10位とは同10差と、かなり厳しい状況に追い込まれている。

 アダムはここから奇跡の残留に導き、娘とその友達に、かっこいいパパを見せられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「結末に怒っていた」吉田麻也とサンプ主将の口論に指揮官が見解「血が流れているチームなら…」
「すっごいデカかった」内田、松井、大久保の3人が衝撃を受けた、“想像以上にゴツい”世界的名手とは?「びくともせん」
「そんなでしたよ」内田篤人が“世界最高峰の司令塔”との対戦を回顧!「彼は凄いって聞いていたけど、『え、これが?』」
「CL決勝みたい」「鳥肌立った」J史上初の新国立開催! 炎&花火の“豪華すぎる”入場演出にファン大興奮!
「平和をもたらしてくれた」イニエスタ妻アンナさんが日本での“驚き”を告白「澄んだ空気と人々が移動するときの静けさ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ