• トップ
  • ニュース一覧
  • 「1960年代の古くさいサッカー」名将サッキがインテルをバッサリ!一方で古巣ミランは評価「イタリアでは最もモダン」

「1960年代の古くさいサッカー」名将サッキがインテルをバッサリ!一方で古巣ミランは評価「イタリアでは最もモダン」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年04月27日

「サッキの主張は正しいか」というアンケートでは…

スクデットを争うインテルとミランを比較したサッキ氏。(C)Getty Images

画像を見る

「ゾーンプレス」の生みの親は、現在のセリエA王者の戦い方が気に入らないようだ。

 かつてミランやイタリア代表を率いた稀代の戦術家アッリーゴ・サッキ氏が、古巣とスクデット(優勝)を争っているインテルのサッカーを「古くさい」と評した。

 セリエAは34節を終え、首位ミランを2ポイント差で2位インテルが追っている。だが、インテルは消化が1試合少なく、4月27日のボローニャ戦に勝てば単独首位に浮上。2連覇に向けて優位に立つこととなる。

 サッキ氏はイタリア紙『Gazzetta dello Sport』で、「ミランはイタリアで最もモダンサッカーに近いチームだ」と古巣のプレーを称賛。一方で、「インテルは最強だが、1960年代の古くさいサッカーで、国際レベルでは報われない」と否定的な見解を示した。

「彼らはそういうプレーで、カウンターが傑作だ。だが、サッカーとは別物でもある。自分のプレーをしようとし、プレスをかけ、相手を苦しめるものだ。自陣からスタートするのでなく、相手陣内からスタートすれば、多くのゴールを決められる。欧州では支配するサッカーで勝つものなのだ」

【動画】「センセーショナル」「異常だ」余裕があったバックパス“をほぼ空振り”で失点。名手ブッフォンの信じ難いミス
 サッキ氏は日ごろから結果重視のイタリアサッカー界の姿勢を批判し、積極的に自分たちがプレーを構築するコレクティブなサッカーをすべきとの立場を取っている。その点でステーファノ・ピオーリ監督が率いる現在のミランは評価できると繰り返し称賛してきた。

 2010年にインテルがジョゼ・モウリーニョとともに欧州を制覇して以降、イタリアのクラブは世界最高峰の舞台で頂点に立つことができていないのも事実だ。イタリア代表が2大会連続でワールドカップ本大会出場を逃したのも周知のとおり。変革の必要を主張する声は少なくない。

 一方で、インテルが今シーズンのリバプールとの対戦で健闘したことも確かだろう。「サッキの主張は正しいか」という『Gazzetta dello Sport』紙のアンケートでも、2万7000人超のユーザーの74%以上が「ノー」と答えている。サポーターは必ずしもサッキ氏の主張に同意してはいないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
失点に絡んだ吉田麻也、非難した元伊代表のサンプ主将に激怒→翌日に“和解”も…地元メディアは辛辣「日本人のミスで失った勝点は他にもある」
「アジアのベッカムと呼ばれたファンタジスタ」中田英寿を伊メディアが回想!「圧倒的に周囲を驚かせた」こととは?
批判を浴びたイタリア代表の汚いロッカールーム騒動は“脚色”されていた?「陰謀の影」「罠の犠牲者?」と現地報道
日本人ユーチューバーがナポリ戦でまさかの盗難被害。驚きの犯人にイタリアでも反響
「ヒデさんと勘違いされてる!」本田圭佑が明かしたジムでの“人違いエピソード”にファン総ツッコミ!「カリスマ違いw」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ