サウサンプトンの英雄が、ロシア軍による大量虐殺の“陰謀説”投稿にRTし大炎上。アンバサダーを辞任「混乱を避けるため…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年04月07日

「他人の命を奪う者を擁護しない」

サウサンプトンのエースとして活躍したル・ティシエ。引退後もクラブの象徴的存在だったが…。(C)Getty Images

画像を見る

“サウサンプトンの英雄”マット・ル・ティシエが、「炎上投稿」でクラブのアンバサダーの座を辞任することになった。英紙『Mirror』が4月7日付で報じている。

 同紙によれば、53歳の元イングランド代表FWは、キーウ近郊ブチャでの、ロシア軍によるウクライナの民間人大量虐殺について、メディアがでっち上げたかのような投稿をした『Unity News Net』 のツイートを引用リツイート。「陰謀説を支持した」として批判が殺到したという。

【画像】ロシア軍による大量虐殺はでっち上げ? ル・ティシエがリツイートして炎上した投稿
 このため、セインツのレジェンドは投稿を削除。次のようにツイートし、アンバサダーの職を辞することを発表した。

「サウサンプトンのすべてのファンへ。私はアンバサダーの役割を離れることに決めました。混乱を避けるために、今日このステップを踏むことが重要です。これが私とクラブとの関係やクラブへの愛情に影響を与えることはありません。私は常にセインツのファンであり、サポーターであり続けます」

 また、ル・ティシエは、辞任投稿の前に、「私はいかなる形でも戦争を提唱していない。他人の命を奪う者を擁護しない。そのような行為を行なう者はそれに応じて対処する必要がある。残虐行為は家族に壊滅的な影響を与える」と綴り、ロシア軍の行為を肯定したわけではないと強調。メディアに取り上げられない戦争もあり、「焦点はメディア操作だった」と主張している。

 いずれにしても、英雄が不本意なかたちでクラブを去ることになってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】ウクライナの強豪シャフタールが公開したマリウポリの惨状
【関連記事】
ウクライナの25歳FWが遺体で見つかる。「ロシア兵に処刑される前に拷問を受けた」と現地報道
「次元が違う、アホちゃうか」本田圭佑、ロシア侵攻問題への批判に反論「まともな議論ができる人がこれほど少ないとは」
「民間人から盗んだ物を戦利品というのか」ロシア兵が略奪したウクライナ代表グッズをネット販売。同国サッカー協会が怒り、批判が殺到「なんと卑劣な」
「日本はW杯に出ない方がいい!」元大宮の韓国レジェンドが森保Jの“死の組入り”に大はしゃぎ! 母国の抽選結果は「大当たりだ」
「プーチンよ、お前はクソ野郎だ」ウクライナのエースが故郷を破壊したロシア軍に激怒「絶対に許さない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ