「カマダのナゾ!なぜELでしか魔法を使えないのか?」独大手紙が“外弁慶”鎌田大地に着目!「国内では地下に潜りがち」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年04月05日

「ELでは、カマダは一気にヒートアップする」

鎌田はバルサとのビッグマッチでも結果を残せるか。(C)Getty Images

画像を見る

 ドイツの大手紙『Bild』が、今月7日のヨーロッパリーグ(EL)準々決勝第1レグ、バルセロナ戦を前に、“EL男”鎌田大地にスポットライトを当てている。

 鎌田はアイントラハト・フランクフルト加入5年目を迎えた今シーズン、ブンデスリーガでは26試合(うち先発は21試合)に出場し、3ゴール・2アシストと物足りない成績となっているが、ヨーロッパリーグ(EL)では大活躍。3試合連続ゴールも決めるなど、ここまで同大会4位タイの4ゴールをマークしている。

 そんな鮮烈なパフォーマンスを受け、先月にはスペイン・メディア『Diario de Ibiza』が「アイントラハトの歯車は、フィリップ・コスティッチとダイチ・カマダ。この2人がチームを成功に導いている」と、バルサ戦のキーマンのひとりに挙げていた。

 そうしたなか今度はドイツ紙が着目。「カマダを巡るヨーロッパリーグの謎」と題した記事で、「アイントラハトのプレーメーカー、ダイチ・カマダはヨーロッパで輝いているが、国内リーグでは地下に潜る傾向がある」と、その“外弁慶”ぶりを訴えている。
 
「ヨーロッパリーグでは、カマダは一気にヒートアップする。今シーズンはすでに8試合で4ゴールを決めており、最近ではベティスとのラウンド16ファーストレグで、勝ち越しゴールを決めている。それに比べ、技術的に優れたこの日本人は、リーグ戦ではかなり控えめな数字だ。直近のグロイター・フュルト戦でもかつての面影はなかった」

 さらに『Bild』は「カマダのナゾ!なぜ彼はヨーロッパでしか魔法を使えないのか?マルクス・クレシェ(スポーツ・ディレクター)も答えを持っていない。そして彼は違う見方をしている」として、同氏の日本代表MFへの以下のようなコメントも掲載している。

「ヨーロッパリーグはもちろん、誰にとってもハイライトだ。でも、ダイチは今シーズンのブンデスリーガでも、いいプレーをたくさんしてくれた」

 鎌田はよもやのEL参戦となったバルサとのビッグマッチでも結果を残し、週末の国内リーグ戦へいい流れを持ち込めるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】鎌田大地がリーグ戦3点目! 浅野先発のボーフムを相手に決めた逆転弾をチェック

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!
【関連記事】
日本代表から漏れても…鎌田大地が作り出す元浦和のレジェンドのような「決定的な違い」。“懲罰交代”をした指揮官も「勝利に導く資質があるからこそ」【現地発】
「日本はW杯に出ない方がいい!」元大宮の韓国レジェンドが森保Jの“死の組入り”に大はしゃぎ! 母国の抽選結果は「大当たりだ」
ウクライナの25歳FWが遺体で見つかる。「ロシア兵に処刑される前に拷問を受けた」と現地報道
「プーチンよ、お前はクソ野郎だ」ウクライナのエースが故郷を破壊したロシア軍に激怒「絶対に許さない」
「次元が違う、アホちゃうか」本田圭佑、ロシア侵攻問題への批判に反論「まともな議論ができる人がこれほど少ないとは」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ