• トップ
  • ニュース一覧
  • 「アサノの素晴らしい個人技に衝撃」浅野拓磨の圧巻2発をドイツメディアが激賞!「ビームのようなシュートでGKを驚かす」

「アサノの素晴らしい個人技に衝撃」浅野拓磨の圧巻2発をドイツメディアが激賞!「ビームのようなシュートでGKを驚かす」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年04月03日

「GKがほぼ防ぐチャンスのないシュートを放った」

圧巻の2ゴールを決めた浅野が称賛を浴びている。(C)Getty Images

画像を見る

 圧巻のドッペルバックを現地メディアも称えている。

 4月2日に開催されたブンデスリーガ第28節で、浅野拓磨が所属するボーフムはアウェーでホッフェンハイムと対戦。2-1で勝利を飾った。

 3試合ぶりの白星の立役者となったのが、日本代表帰りにもかかわらず、左ウイングで先発起用された浅野だ。

 スコアレスで迎えた28分、GKマヌエル・リーマンのパントキックを左サイドで足下に収めると、そこからカットインしてドリブルで持ち込み、エリア外で右足を一閃。強烈なミドルシュートで先制点を叩き出す。

【動画】左サイドから持ち込んで右足一閃!浅野が決めた衝撃のミドルシュート
 さらに、同点に追いつかれて迎えた59分には、再びGKリーマンのパントキックから抜け出して独走。相手GKオリバー・バウマンとの1対1を制して、決勝点を奪ってみせた。

 ドイツ・メディア『FAZ.NET』は、1点目のミドル弾を「アサノはビームのようなシュートで敵のGKオリバー・バウマンを驚かせた」と称賛。「27分間、ピッチ上で最高の選手だったアサノが、約20メートルの位置からGKがほぼ防ぐチャンスのないシュートを放った」と称えた。

 また、2点目についても、「日本人は独走してGKバウマンに近づき、1対1で冷静だった」と評価している。

 そして、大手紙の『Bild』も「ボーフムは28分にアサノの素晴らしい個人技でホッフェンハイムに衝撃を与えた」と激賞。決勝点についても、「またもアサノが衝撃を与え、フリーになり、再びバウマンを襲った。GKはいたが、1対1でゴールに流し込むだけだった」と伝えている。

 ここまで1ゴールだったのがウソのような鮮烈な2発に、現地も沸いているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ハーフウェイライン付近から快足を活かして独走!浅野の決勝ゴール

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
 
【関連記事】
前代未聞!バイエルンが約20秒間“12人”でプレー、4発大勝が敗戦になる可能性も。まさかの事態はなぜ起きた?
「ドイツは安堵のため息をつく」独大手紙、日本代表は眼中になし? 16強入りを確信「最初の壁は準々決勝だ」
「日本は質が高い」ドイツ代表指揮官がW杯で対戦する森保ジャパンを警戒!「彼らと親善試合がしたかったのだが…」
闘莉王が選ぶW杯メンバー23人“最強ジャパン”は? 稲垣をサプライズ選出、上田は落選「古橋と大迫のほうが上」
「次元が違う、アホちゃうか」本田圭佑、ロシア侵攻問題への批判に反論「まともな議論ができる人がこれほど少ないとは」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ