金田喜稔が豪州戦を斬る!「川崎勢の連係に見たJの意義。三笘は“スーパー”、競り合いに強かった上田も印象的」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年03月25日

やっぱり三笘はスーパーだった

日本代表は三笘の2ゴールでオーストラリアに快勝。元所属選手を含めた川崎勢の連係は見事だった。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 オーストラリア相手に2-0で勝てて、とにかくほっとした。

 森保監督が選手に求める基準が、このW杯予選を通じてさらに上がった印象だ。その基準をクリアできる選手しかピッチに立てないという厳しさを植え付けて、チーム作りをしてきているのは、最終的にチームがW杯を勝ち進むにあたって大きなプラスになる。そこをブレずにやってきた森保監督やコーチングスタッフを評価したい。

 今回はベンチにいる選手のレベルの高さも含めて、総合的に日本のほうが上だし、負ける要素は全然ないと思っていたよ。立ち上がりから、南野が何度もシュートチャンスを得ていたけど、そこに至るまでの過程で、相手の最終ラインとボランチの間に遠藤が上がっていったり、守田がキープをしたり、田中がうまく展開したりと中盤の選手が良いパフォーマンスを見せていた。前線の浅野、南野、伊東は守備でも頑張っていたよね。
 
 そのなかでも、84分に途中出場して2ゴールを挙げた三笘はスーパーだった。先発で起用されるだけのポテンシャルはあると思うけど、森保監督は切り札として見てるようだね。

 ただ最初から出るために、左サイドは自分がナンバーワンなんだというところをアピールして、信頼を勝ち取るのも三笘の仕事だと思う。

 89分に先制点を挙げたあと、試合を終わらせるために時間を使えばいいところでも、彼は点を取りにいった。単独突破から奪った追加点の場面では、左サイドでバックパスをするような動作で相手の重心を一歩自分に近づけてから仕掛けた。あれが三笘のスタイルになってる。

 また“川崎勢”の連係も見事だった。均衡を破るゴールは、右サイドでの崩しから生まれた。守田とのパス交換で縦に抜けた山根が、ゴール前に三笘がいることを信じて、マイナスのクロスを入れる。それを三笘が右足で流し込んだ。代表戦は準備期間が短いなかで、こうして同じチームでプレーしていた選手同士のコンビネーションが今後の鍵になる。

 もしかしたら左サイドに三笘、田中、旗手が揃っていたらもっと有利に試合を運べたかもしれない。オーストラリア戦は、Jリーグでやっていた選手たちが日本代表の骨格を作っていく可能性があるということを感じたゲームだった。

 Jクラブそれぞれのカラーが反映されたコンビネーションが、日本代表でもっと増えていってほしい。そこにJリーグの意義があると思う。
 
【関連記事】
【日本2-0オーストラリア|採点&寸評】これぞ三笘!!ワールドカップ出場をもたらす活躍には脱帽するしかない
【セルジオ越後】本当に質の低い豪州にやっと勝てた…三笘もボロボロの相手から点を獲っただけ。アジアを突破したくらいでホッとするな
「日本よ、ありがとう!」森保Jの豪州撃破に中国メディアがなぜ歓喜?「天使の贈り物だ」
「なんてジョークだ」山根のオウンゴールが認められず、豪州ファンは憤慨!「明らかな得点が取り消された」
サウジが中国と1-1ドロー決着。豪州に勝った日本が勝点1差でグループ首位に【最終予選】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ