長友佑都 F・メロに「登録枠」を明け渡し、ガラタサライ行きを決断か?

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年08月05日

売却対象の余剰戦力がアンドレオッリと長友。

インテル移籍が秒読み段階のF・メロ(左)に25人の登録枠を明け渡す形で、長友はガラタサライへ? (C) Getty Images

画像を見る

 ガラタサライでプレーする元ブラジル代表MFフェリペ・メロのインテル移籍が秒読みに入りつつある。
 
 8月3日、ガラタサライ首脳と会談した代理人は、重ねてインテル行きの意思を伝え、移籍の早期実現を求めた。ガラタサライ側は契約の延長を望んでおり、もしインテルに移籍する場合には200万~300万ユーロ(約2億8000万~4億2000万円)の移籍金を要求したい意向。インテルはそれよりも低い金額で話をまとめたいと考えている。
 
 またインテルは登録25人枠の関係上、新たに選手を獲得する場合には誰かを売却しなければならない立場に置かれており、移籍決定はその見通しが立ってからになりそうだ。
 
 その売却の対象となる余剰戦力として名前が挙がっているのが、CBマルコ・アンドレオッリとSB長友佑都。
 
 アンドレオッリにはボローニャなどからオファーが届いており、どこがベストの選択なのかを検討している状況だ。
 
 一方の長友は、ガラタサライ行きを受け入れる方向に傾いているようだ。この移籍はF・メロの獲得とは別件として進められているが、結果的には長友がF・メロのために登録枠を空けるという形になることも考えられる。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ